先週末に息子にせがまれて近隣のブックオフに出かけたらちょうど
特価コーナーのCDがセールで@500円、3枚で1000円なので
いつもより真剣になって物色したらいいものを見つけました(笑)
3cd.jpg
ギルバート・オサリバンとロッド・スチューアートのベスト盤はまあいいとして
お気に入りのNorthern Songs の「REVOLVER」。
1993年発売時に購入したものを1枚所有しているのですが
この値段だから2枚目を購入しても悪くないかな。
このアルバムのコンセプトはビートルズ、レノン/マッカートニーが他のアーティストに提供した曲を
もしビートルズ自身が演奏したら、というもの。
"Hello Little Girl"、I'll Be On My Way"、That Means a Lot"などいい味出してます。

THE BEATLES-1.COMにアップしていたこのアルバムの記事を修正しました。
なかなか味があるアルバムなので
お時間がある時にでも、アナログ盤ともどもこちらからご覧ください^^

今日もUK盤のシングルをご紹介します。
これもジョージ・ハリスンのヒットシングル、「GIVE ME LOVE」
uk7givemeloveDECCA350.jpg
先日再発リマスターで発売され話題になりましたが
「LIVING IN THE MATERIAL WORLD」からのシングルカットになります。

出だしのアコギの音は国内盤よりクリアーでやはりUK盤のシングルは手放せません。
このシングルの国内盤は1973年の中学生の時に新品で購入し
繰り返し聴いた思い出深い1枚です。

ところで、この盤もEMIのプレスではなく委託プレスのようです。

≫続きを読む

これはジョージ・ハリスンのヒットシングル、「MY SWEET LORD」のUK盤なのですが、
ukmysweetloadCBS350.jpg
一見、何の変哲もないソリッドセンターのシングルですが
センターのプレス形状がEMIのものと違います。調べたところどうもCBSPYEの委託プレスらしい。
このレコードは1970年の発売されたのですが
ビートルズでも「HEY JUDE」のソリッドセンタとスポークにもPYEプレスが存在するようだ。
ukmysweetloadCBSMATRIX_A400.jpg
委託プレスの特徴で、ランアウトには税区分コードの"KT"はありますが
3時の方向のスタンパーは刻印がありません。

大きい画像を THE BEATLES-1.COMに掲載しましたのでよろしかったらご覧ください。
THEBEATLES-1.COM
次回もコントラクト・プレスをご紹介する予定です^^

手に入れました^^
Oz盤 「WITH THE BEATLES」 mono
PMCO-1206 AUSTRALIA EMI/Parlophone/HMV 1964年4月
auwithgoldRecod_A400.jpg
ゴールド・パーロフォンレーベルといえばUK盤の「PLEASE PLEASE ME」が有名ですが
オーストラリアではこのアルバムにもゴールドが存在します。
もちろんこれは初期のプレスです。「WITH THE BEATLES」のゴールドは1964年の4月
から1ヶ月ぐらいしか発売されずすぐに「Y&B」レーベルに切り替わったそうなので数は少なそうに思いますが、

≫続きを読む

今日はドイツ盤の「THE BEATLES」
ドイツのオリジナルプレスを初めて手に入れました。
※追記 これは1969年ごろのプレスのようです。
ブラックインナーは欠品でしたが
UK盤やOz盤と同様にラミネート・コーティングのオープントップで
シリアルNoも印刷され裏面はUKと同じく折り返しつき。
Apple Records/GEMANY 1C19204174
dewhite-350.jpg 拡大
レーベルは「GEMA」マークつきのアップル
dewhitelabel_A-350.jpg
拡大

UK盤、国内盤と聴き比べてみました。

≫続きを読む

夕方の7時ごろから8時過ぎまでMovableTypeのDBをバージョンアップしました。
MYSQLというデータベースなのですが4.0から5.0へ。
5.0ではパフォーマンス、特に書き込みの速度が改善されたそうだ。
sql5.jpg
データーベースを変更するとデーターの移行作業が必ず発生するのですが、
本来はMYSQL DBレベルでの(エクスポート/インポート)を使用するのがBEST。
しかし手順が悪いせいか?NG!!
テンプレートのメニューが開けない現象が発生します。
この方法ができれば30分以内で完了し、確実で手っ取り早いんですがね~

しかたがないのでMTの書き出し/読み込み機能を使用しました。
ところで、

≫続きを読む

昨日発売された「LOVE」、今回は国内盤を購入しました。
といっても日本語解説書と帯を付けた、「輸入盤国内仕様」
ということなので、それ以外はヨーロッパ製造の輸入品だ。
love.jpg
いつものように都営新宿線のC3出口から

≫続きを読む

今日はOz盤のM.M.T.のオリジナル盤のステレオです。
auMMT2stereosleeveRecord400.jpg

このEPはUK盤と同じスリーブだったのですがこれは
オーストラリア製のモノラルスリーブに"stereo"ステッカーを貼り付けたもの。
auMMT2stereomonostereosleeve350.jpg
モノラルのスリーブにはMMT-1の型番がプリントされているのですが
うまい具合にシールで隠れています^^

大きい画像を何枚かをTHE BEATLES-1.COMにアップしましたのでよろしかったらご覧ください。

Oz盤の「YELLOW SUBMARINE」は3枚目なのですがあまりに安かったので
また手に入れてしまいました。これは2000円以下でした。
やはりあまり人気がないタイトルなのでしょうか..
国内盤も安い値段でレコ屋さんであまってますよね(笑)
auyellow1969-2_sleeveRecord350.jpg拡大
今回のものはスリーブ裏面のクレジットがモノラル盤と併記してあるもので
折り返しがありませんでした。 拡大

以前に入手した盤の記事はこちらです。
フリップバック・スリーブ折り返しなしでモノクレジットなし(UK盤とサウンド比較)
話はそれますが、コストパフォーマンスから言うと
「SGT.PEPPER'S」のモノラルも入手しやすく重量盤で音もすごく良いのでお勧めです。

auyellow1969-2sleeve300.jpg
表面はP.P.貼りになっています。 拡大

マトリックスは

≫続きを読む

今日はオーストラリアプレスの「THE BEATLES」、
ホワイトアルバムのレイトプレスです。
PCSO-7067/7068
auwhite1976sleeveRecord400.jpg
おそらく1970年代中頃のプレスか?ちょっと僕にはわかりません。
コーティングなしのスリーブは紙質が1970年代後半あたりから米国で使用されている
ホワイトボードなので1970年代後半かもしれません。 拡大
auwhite1976sleeveposter400.jpg
拡大

しかしこれは、

≫続きを読む

このページの上部へ

サイト内検索

アーカイブ

最近のコメント

全てのコメントを一覧で見る


にほんブログ村

にほんブログ村



Powered by
Movable Type 6.3.2