今日も予定している引越しに備えて、レコードの整理を行いました。
ビートルズのボックスセットのなかでも、ハイファイ志向の人に評価が高い
モービルフィディリティサウンドラボ(MFSL)の
「THE BEATLES COLLECTION」 ボックスセット。一年ほど前に購入したのですが、
ご紹介するのもままならず、奥に収納する前にご紹介することにしました。
このセットは高音質なレコードやCDを発売していることで有名な
モービル・サウンド・フィディリティ・ラボが1982年にEMIのライセンシーで
限定25000セットで発売しました。 よく知られていることですが、
usmfslboxall400.jpg
ボックスに収納されているLPは製造方法が他のものと別物で、イギリスの
EMIが保管するオリジナルマスターテープを
カッティングの速度を半分に落として原盤を作成。
最終的には、高品質な素材とプレス工程で製造されたもので
プレスは日本ビクターが行ないました。僕は購入後にレコードの
チェックをしただけなので、今回ターンテーブルに乗せるのが非常に楽しみです^^
LP、ボックスはもちろん
オリジナルLPのアートワークのLPサイズのブックレットもかなりコレクタブルです。
※4月22日追記 記事を公開しました。
下のバナーから飛んでBOX SETから入れます。
THE BEATLES MINE HOME

近いうちにTHE BEATLES-1.COMに記事をアップする予定です。

今日は2階の屋根裏部屋に上がってボックスセット引っ張り出してきた。
10年近く放置したままだったのでこの機会に中もチェックしてみた。
きちんとカバーをして風通しがいい場所においていたため特に問題はなさそうだ。
1.jpg
あまりきれいなものでなくごめんなさい(笑)

このボックスセットは「OLDIES」を除くビートルズのイギリスのオリジナルタイトルに
「MAGICAL MYSTERY TOUR」と「PAST MASTERS VOL.1 & VOL.2」のアナログ盤
14タイトルを専用のオークの木箱に詰めたもので
限定ナンバー入りで1988年に発売された。
主にイギリスとアメリカで出回ったようだ。
ukbox1-1s.jpg

※4月15日追記
記事を公開しました。
下のバナーから飛んで「WHTA'S NEW」から入れます。
THE BEATLES MINE HOME


ボックスセットはそれ自体が箱に入っているので(←あたりまえですが)
引越しの整理は非常に簡単で行方不明になることはなさそうです^^

せっかく引っ張り出したこともあり THEBEATLES-1.COMでもご紹介する予定です。

先日から引越し準備でだぶりや聴かないレコードを処分したり
ビートルズのレコードを中心に梱包しているのですが、
今日はビートルズのUK盤の1970年代末のプレス一式を整理しました。

1.jpg
これは17年ほど前に新宿のD.U.でBC-13(LPのBOXセットです)に入っていた
セットを格安で購入したもの。(当然ボックスは付属していないです)

写真に映っているボックスは1980年代中ごろに再発されたBC-13のものですが
この中身の1980年代プレスのLPは昨年まとめて処分し、
前から予定していたとおりこの70sプレスのLPをボックスに収めて収納することにしました。

≫続きを読む

やれやれです。
今すんでいる家を売却して
結婚前に住んでいた実家に戻ることがほぼ決まりました。
妻、2人の子供と両親との生活が始まるのはまだ1年以上先になりそうなのですが

困ったのがレコードの引越し先。
6人で生活するとなると今持っているレコードをある程度整理しなければ収まりそうもなく
引越し準備もかねてレコード以外の不要不急なものを廃棄や売却を始めた。
古いコンピュータのケーブルや部品や衣類や雑誌などはハードオフやブックオフに持ち込みましたが
だぶりや聴きそうもないLPもHOで300枚ほど処分しました。

ビートルズ関係では取り急ぎ聴かないものをダンボールに区分けし始めました。
2.jpg

仮梱包なのでまた復活するかも知れませんが、
ビートルズのレコードの整理もかねて都合がいいかもしれませんね。
このさい、
ダンボールに収める過程をレポートしたいと思います。(←あまり意味がないですが 笑)
今回は、1990年代以降プレスの輸入盤の30枚ほどがダンボールに収まりました。

≫続きを読む

ここ1ヶ月というもの忙しく、サボりまくりで申し訳ありませんでした。
年度末の追い込みで営業と客先回りが多くて疲れてしまい
夜は早々と寝込んでおりました^^

さて、
今日はちょっとだけ自宅のWebサーバーをグレードアップしましたのでご報告します。

自作のDual CPU仕様のPCでWebを公開しているのですが
今日の午前中に一般PC用のCPUからサーバー用のCPUに換装。
PentiumIII Coppermine、933MhzからPentiumIII-S 1133Mhzに。
1.jpg

こっちの写真は換装前の933MHzのCPU。
2.jpg
使用していたPC用のCPUとの主な仕様の違いは、
クロックがアップした以外にサーバー用途のDual CPU動作に最適化された
Tualatinコアで、L2キャッシュも倍の512KBなど。


最後に、

≫続きを読む

今日ご紹介する「MAGICAL MYSTERY TOUR」 のEPはいわゆるドイツ盤です。
NZ盤を探していたのですがちょっと値が張るので断念しました..
次回は手に入れたいものですが、イタリア盤にも目移りしてしまいます。
1967年12月8日発売 Odeon SMO 39 501/SMO 39 502
FRmmtepsleeveRecord.jpg拡大
スリーブ、レコード、インナーとも新品同様でデッドストックといっても良い状態でした。
これが40年近く前のものとは思えません^^

しかし、ステレオマスターをモノラル化した偽モノ(笑)
Webに記事をアップしました。⇒ UPDATE NEWS

もともとこの偽モノはフランス初盤の Odeon SOLM-1/2 2-EPのモノラルがオリジナルなのですが
このEPの場合、

≫続きを読む

今年の1月9日にとうとうビートルズの切手が発売された。
しかも本国のイギリス、ロイヤルメールからの発売だ。
僕の場合、ビートルズのノベルティや関連グッズなどはあまり興味がなく
全くと言ってよいほど持っていないのですが、今回はロイヤルメールのホームページから
発売から数日たって申し込みました^^
とりあえず、ご紹介いたします。
1.jpg拡大
イギリスでは生存している人物が切手に採用されたのは君主のみで、
民間人ではビートルズが初めてなのだそうだ。
発売された切手は、6種類で『ウィズ・ザ・ビートルズ』、『4人はアイドル』、『リボルバー』
『サージェント・ペパーズ~』、『アビイ・ロード』、『レット・イット・ビー』の
オリジナルアルバムジャケットが採用されました。
切手は台紙付です。
3.jpg拡大
こちらは裏側ですが、オリジナルファーストシングルの色合いが美しい!

≫続きを読む

今日は、大好きなビートルズのホワイトアルバムをご紹介します。
これはフランス盤でおそらく1969年あたりから1970年代初頭にプレスされたもの。
FRANCE EMI 1C192 05 173774
frwhite350.jpg
スリーブはなぜかドイツ製でサイドオープンタイプ。プレスはフランスです。

※追記:画像では判別できませんが
シリアルNO入りで60万台とかなり番号が進んでおります。

frwhitegatehold400.jpg
フルーコーティングですが内側に折り返しがない標準LPサイズ。

この盤のマトリックですが、所有している
1973年ごろの英国向け輸出仕様の同タイトル(いわゆるフレンチプレス)のUKマトと異なり
YEX709,710,711,712のあとの枝番は"-21"。また
各面にはフランス固有のM6 262620~M6 262622の刻印もあります。
ただしこの連番はC面、D面、A面、B面の順番になっています。

レーベルは有名な「Made in France」表記の"Pathe Marconi"
これはフランスEMIのスタジオの所在地で初期のヒットシングル「Can't Buy Me Love」や
ドイツ語歌詞2曲はこのスタジオで録音されました。
frwhitelabel_A350.jpg拡大
レーベルにはSMO2051の番号も確認できます。
なんだかよくわからなくなってきました。
インサートですが、

≫続きを読む

今日、帰宅したらamazonから「THE RUTLES」の紙ジャケが届いておりました^^
予約から発売までずいぶんと待たされましたがMSIさんから無事発売されたようです。
型番:MSIG0342(WGCP-592)
jpcdrutlesall350.jpg拡大
音源の提供元であるワーナー・パイオニアの型番もサブで印刷されていました。
3360円もするので購入を見送ろうかと思いましたが、写真のように
非常に充実したつくりでインサート(16Pカラーブックレット、インナー、解説書)
も国内盤LPと同じものが再現されています。(細かいところは未チェックです)
ジャケットも厚手の紙で非常に頑丈にできていてLPの質感そっくりです。
レーベルはUK盤に準拠でしょうか?
国内盤LPと並べてみました。

≫続きを読む

今日はDE盤 「MAGICAL MYSTERY TOUR」 Original Pressing
SHZE-327 EMI GERMANY 1971年9月発売
demmtSleeveRecord300.jpg拡大

このアルバムは元々、米国キャピトルが独自に編集したもので
英国ではEPで発売され、1976年までLPフォーマットで発売されなかったものですが
ドイツでは1971年に発売されました。UK盤EP詳細はこちらです。
僕が手に入れたものは両面ともマトリックスが"-1"の初期プレス。
ドイツ盤収録曲は全てリアルステレオといわれているのに反して
米国盤と同様にB面のラスト3曲は擬似ステレオです。
demmtlabel_A300.jpg拡大
レーベルはHor ZuのAppleレーベル
この後、以下のような年代/型番で再発売されたようだ。
1976年 Odeon 1C 062-04 449
1977年 Apple 1C 072-04 449
1981年 Odeon 1C 072-04 449
インナースリーブは

≫続きを読む

このページの上部へ

サイト内検索

アーカイブ

最近のコメント

全てのコメントを一覧で見る


にほんブログ村

にほんブログ村



Powered by
Movable Type 6.3.2