今回はオーストラリアプレスの「PLEASE PLEASE ME」、オリジナルステレオ盤です。
去年、かなり安い値段で手に入れることができました^^

OZ PLEASE PLEASE ME
レコード型番:PCSO-3042
例によってUK型番のプレフィックスに'O'をつけたものになっています。
オーストラリアではイギリスより半年以上遅れた1963年10月1日にリリースされたのですが
この盤もUKのMATRIXと同じでランオフをチェックすると
YEX94-1/YEX-95-1とおなじみの刻印があり9時の方向のマザー番号はどちらも'1'で
3時のスタンパー記号はありません。
OZ PLEASE PLEASE ME
特徴的なのはレーベルデザインで、俗にビッグ・シルバーパーラフォンと呼ばれています。
Ozの初期のステレオプレスはこのレーベルが使用されています。
ちょうどUK GOLDステレオをシルバーにした感じでしょうか^^

「Sgt.PEPPER'S」や「OLDIES」などはあとからY&Bレベールに切り替わっていますが
今のところこのタイトルのステレオでY&Bのものは見たことがありません。
こっちは1960年代末にプレスされたオレンジレーベルですが、175gの重量盤で
手に取るとずっしりとしております。
OZ PLEASE PLEASE ME
この盤もマトはファーストプレスと全く同じ。

レコードスリーブですが

≫続きを読む

その1からの続きです。
予定ではUKオリジナルモノラル盤のインプレッションだったのですが、
やはり古い米国製のカートリッジには米国盤モノラルがよいのではと考え、
今回は「MEET THE BEATLES」のRainbowレーベル、モノラルにしました。
いいかげんなもので、思いつきであっさり予定変更です(笑)
MEET THE BEATLES
レコード型番はT2047で1964年1月20日に米国で発売。
ジャケットの「THE First Album by England's Phenomenal Pop Combo」のキャッチが
当時のアメリカでのビートルズの扱いが伺えます。

使用したカートリッジは...

≫続きを読む

1950年代、米国ビンテージものを入手しました。
General ElectricのRPX050 Variablle Reluctance、通称GEバリレラです。

今日はGEバリレラのユニークなつくりをご紹介いたします。
下のように針がバーの両端に付いています。針はバーにスライドさせて押し込みます。
片側がLP/EP用でもう一方はSP盤の78回転用で
33/45回転、78回転の盤に対応しているためトリプルプレーと呼ばれています。
僕は78回転盤も78回転に対応したプレーヤーも所有していないので
針は両方とも33/45回転盤を装着しています。←意味がないかも。
gevrtripleplay.jpg
特徴
1)1950年初頭に初めてMicro Groove(LP)に対応したカートリッジでモノラル専用である。
2)GEの特許だったバリアブル・リラクタンス、VR型とよばれる独自の発電方式である。
 放送局用のものも含めてMMのアンプで十分聴ける。専用のフォノアンプもあるようだ。

≫続きを読む

お久しぶりです。1年以上のご無沙汰でしたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
僕のほうはブログはさぼっていたのですが相変わらずマイペースで
毎日のようにターンテーブルを回してレコードを聞いております。
しかし、本年9月9日に待望のビートルズのリミックスステレオCDが発売されるんですね。
※訂正:リマスターステレオCDが正しいです。

しかもモノラルミックスもボックスのみで発売されるということで今からがんばって貯金しないと..
このところCDはほとんど聴かないし、新しいmonoカートリッジも購入したので
多いに迷うところがあります。でも結局買うんだろうな(笑)

gelpplayS.jpg

次回は、お勧めのmonoカートリッジをご紹介したいと思います。

ポールの新作が今日届きました。「memory almost full」
CDが発売されてからだいぶ時間がたってしまいましたが待望のアナログ盤です。
1.jpg
もう夜も遅いので聴くことができないのが残念ですが、
3.jpg
パッケージはコーティングされた六つ折ポスターがレコードジャケットの代用で、
コーティングされたやや中厚のインナースリーブにLPが収まっている。
2.jpg

このポスターというか、ジャケットは広げるとかなり圧巻で
やはりこのあたりはLPサイズならではの楽しみですね^^

本日、sixapart社からMovableType4 beta4が公開されました。



mt4-bug-pbmt-white.png

現在、beta4テストサイトを構築し一時的に公開しています。(デフォルトテンプレートのままですが..)
※2007-7-11 公開を中止しました。
まずは本番環境のMT3.35jaよりデータを一括インポート。
カテゴリも含めてきれいに収まりました。
beta3ではインポートエラーになったためがっかりしましたがレポートをあげたところ
すぐに対応していただき感激です。
開発担当者は追い込みで大変なご苦労があるかと
思いますががんばってください。
まだくわしくチェックしていませんが、正式版リリースが待ち遠しいです^^

ほとんどが1960年台に発売されたビートルズのUK盤オリジナルシングル。
オリジナルアルバムはもちろんですが、
1960年代当時、イギリスのファンがこぞって購入し、音が格段に良い古いレコード。
これさえあれば、
1960年代のイギリスにタイムトリップでき、数分間の至福の時が過ごせる逸品たちだ。
uk7inch450.jpg

さて、今回はその愛すべきシングルのカンパニースリーブに関して
大まかな区分をしWebの「UK PRESSING 画像編」に記事を一部公開しました。
バリエーションに関しては後日、拡大画像を追加する予定です。
スリーブの区分に関してはいろいろご意見があるかと思いますが
参考程度で捉えていただくとありがたいです。
(裏スリーブの画像がまだないです..手抜きですいません)
下のバナーから飛んで「WHTA'S NEW」から入れます。
音質には影響はないのですがこれがないとやはりタイムトリップしにくい(笑)
THE BEATLES MINE HOME

THX Mr. Calkin & miyabi san

今日はオーストラリアからレコードが無事到着。
EX/EXクラスの状態でこれは久しぶりの掘り出し物でした。
「YELLOW SUBMARINE」 Apple Records PMCO-7070 1969年2月23日発売
(イギリスでは同年1月17日発売)
auyellow1969monoSleeveRecord450.jpg
1969年のオリジナルプレスでモノラルミックス(偽モノですが...)
オーストラリアではイギリスよりちょっと後、
auyellow1969monolabel_A400.jpg
場合によっては半年ほど遅れて発売されることが多かったようですが、

≫続きを読む

かつていろいろなビートルズのレコードを発売してくれた東芝EMI。
そのなかでもすごい音がするのは、
LP「PLEASE PLEASE ME」(UKのジャケットと同じになった1976年のやつ)と
このステレオのシングルだろうと思います。
「SHE LOVES YOU/I'LL GET YOU」
東芝EMI/Odeon EAR-20224 1977年5月6日発売
エコーとディレイをこれでもかと効かせていて大浴場で聴いているみたいな感じがしてきます(笑)
1.jpg
またディレイのためか、曲のテンポがちょっと遅い気もします...
このシングルは1977年ごろに結成15周年を記念して発売した再発ものですが
売りは?ステレオミックスということで30枚以上が一挙に発売されており
今でも中古ですぐに見つかると思います。
さて、このシングルのAB面ですが、良く知られているとおり
世にステレオミックスが存在しないことになっていて、
イギリスEMIの倉庫にはマスターもないのでステレオミックスは永遠につくれないそうだ。
でもって、
擬似的にステレオを作ろうということで、
当時の東芝さんも最新技術?を駆使して作りあげたのがこのシングル。
ちなみにこのA面曲を初めて擬似ステレオ化したタイミングは英国では
LP「A COLLECTION OF BEATLES OLDIES」で、
ジェフ・エメリックもさすがにすごく苦労したということがものの本に書いてある。
ついでですが、このブートレグCDの2曲目に収録されている「SHE LOVES YOU」は
このシングルと同じ音がしています(笑)
2.jpg
同じものをお持ちの方がいましたらぜひ、ご確認ください。
このシングルは今だと、ダブミックスと言ってもよいかもしれない。

だいぶ前に手放したと思っていましたペッパーのボックスが見つかりました^^
これはCD2枚組みで1枚は「SGT.PEPPER'S」のオリジナルモノミックスで
もう一枚はスタジオアウトテイクが収録されているブートレッグ。
2-1.jpg 拡大
白いカートンボックスにアルバムの大きなステッカーが
付いているだけなのですが、一応豪華な気分?は味わえるボックスCDでした。
1.jpg

以前、ご紹介した紙ジャケはこちらです

このページの上部へ

サイト内検索

アーカイブ

最近のコメント

全てのコメントを一覧で見る


にほんブログ村

にほんブログ村



Powered by
Movable Type 6.3.2