先日、格安で手に入れた「THE BEATLES' FIRST
おまけ?でUK盤の「LET IT BE」が付いてきました。(笑)
1-1.jpg 拡大

これはもうけた~

インナースリーブは珍しいブラックのもの。
2-1.jpg
マトリックスは両面とも"-3U"でした。

今回は同じマトのOz盤フィリピン盤と簡単に比較してみました。
試聴環境:DENON DP-6000+SHURE V15 Type?W

≫続きを読む

Webサーバーが今日の明け方5時過ぎから午後2時過ぎにかけてSTOPしてしまった。
この時間帯にご訪問いただいた方にはご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。

さて、STOPした原因を見つけないといけません。
サーバーのシステムログをチェックしたところ障害の発生時刻から推測すると
どうも先日セキュリティ強化のため入れ替えたFTPサーバーが原因のようだった。
1.jpg
※このエラーは設定ミスということがわかりました。
いつもシステムに変更をした直後はおかしなことにならないか監視するのですが
今回はすっかり忘れていました(笑)

最近サーバーが日に数回リブートすることがあるので点検しようと思っていたのですが、
FTPサーバーソフトウェア提供元のHPでBug情報を確認すると僕が使用している
ものには以下のような不具合があったようだ。

≫続きを読む

今日は「LET IT BE」 AU Pressing
Apple PCSO-7096 1970年6月発売.
1-1.jpg 拡大
マトリックスも含めてUK盤と同じなのですが
フロントスリーブに上中央に「STEREO」の印刷があるのがこのレコードの特徴で、
「WHITE ALBUM」、「ABBEY ROAD」と同様にシールタイプでないものです。
表面はUK盤と同じようにやや厚手のP.P.貼りですが
2-1.jpg 拡大
裏面にはありません。
背からの回り込みがUKの別タイトルの再発盤のスリーブみたいです^^
赤リンゴなのでこれは一応初期プレスかな。
音は例によって非常に満足できるものでしたが次回はUK盤と比較してみることにします。

Blogを更新後にサイトマップを検索エンジンに送るとディレクトリーに記事が
登録されやすくなり(もう少し正確言うと、botの巡回頻度が増えるかもしれない)
多少検索ヒット率が上がるかもしれません。
しかし、
GooogleとYahooのツールでサイトマップを毎回送信するのは面倒だ。
ここでは、僕が使用している自動送信の方法をご紹介します。

まず下準備として
この記事をご参照ください。

≫続きを読む

3.3jaにバージョンアップしたついでに
サーバーにいくつか仕掛けを組み込んだのでご紹介します。
大きなところではタグの組み込みをはじめました。
これはまだ実験段階で中止するかもしれません。
僕のBlogはWindowsサーバーなのでUNIXの設定と違うところがあると思いますが
この記事で紹介する内容に限ってはOSの種別を問いません。
さて細かいところでは、
■自動投稿タスクの組み込み
これはSix Aprtの技術情報に設定方法が公開されているので
比較的容易にできました。
これを使用するとあらかじめ記事をまとめて作成しておき、日時を指定しておくと
その時間になると自動的に公開してくれるので非常に便利。
設定方法->

次は

≫続きを読む

考えてみるとビーチ・ボーイズは「PET SOUNDS」を除いてまともに聴いたことがなかったので
まずは安直ですが気楽にベスト盤を購入して楽しむことにしました。
しかし..
ビーチ・ボーイズはベスト盤はたくさん発売されていてどれがいいのかさっぱりわからない(笑)
迷ったあげく面倒くさいのでこの際一番チープなものを選びました。
1.jpg
2-1.jpg 拡大

「SURFIN' USA」や「SURFER GIRL」、「GOOD VIBRATION」など、おなじみの名曲が
29曲も入っているので、これは当分楽しめそうです^^

今日は3回目のUPです(笑)
これはオーストラリアプレスの「YELLOW SUBMARIN」オリジナル盤のstereo
PCSO-7070
※拡大画像はかなり大きいのでご注意を..

1-1.jpg 拡大

以前、このアルバムのOz盤をご紹介したのですが、
このLPは初期プレスなのでスリーブが折り返しタイプでステレオステッカーが付いています。
またレーベルクレジットも再プレス盤と少し違います。

2-1.jpg 拡大
マトリックスはこちらもUKのものを使用していて両面とも"-1"でした。
やっぱりこのこのマトリックスは音がでかいぞ!
175グラムの重さも音に良い影響を与えている気がします。
これで3000円でしたので非常にコストパフォーマンスが良いこともあり
しばらく、Oz盤の探索は続ける予定です^^
とりあえず、
UKタイトルは全て揃ったので折をみてWebで公開する予定です。

久しぶりにWebの「赤盤ギャラリー」に1枚追加しました。

フォーク・クルセイダースの「帰ってきたヨッパライ」、英語では「I ONLY LIVE TWICE」
1967年の発売時に新品で購入したのですがこのときは黒盤でした。
jp7yopparaiRecod_A450.jpg

ところでB面のソーラン節なのですが、
小学生の運動会でアトラクション演技で使用されておりこの曲を聴いていたら
息子が部屋に来て教えてくれました^^

トニー・シェリダンと共演した曲が収録された初めてのLPで、
このLPとしてはオリジナルとなるドイツ原盤の「THE BEATLES' FIRST!」
モノラル盤です^^
grthefirst350.jpg
1964年1月発売 Polydor 46 432 (mono)
国内でも同じデザインで1964年に発売されました。
2年前にもデジパック2枚組みCDで発売されています。
CDは2004年11月に新リマスターで発売された

≫続きを読む

BOOT CD BOX VOL.2

コメント[8]

久しぶりにブートレッグCD
以前にお気に入りのものをボックスに詰めて楽しんでいることを記事にしたのですが
これはその続編です(笑) BOOT CD BOX VOL.1
1-400.jpg 拡大
1966年の日本公演やアメリカ公演の2枚組み、キャピトル編集版や
UKのモノラルミックスフルタイトルが詰まっています。「SGT.PEPPER'S」と「WHITE ALBUM」のmonoは
本来は紙ジャケですが差し替えています。おっと「GET BACK」も3枚と「SESSIONS」
「LOST PEPPE'S」もあります^^
「ABBEY ROAD」と「LET IT BE」(デジパック)はmonoだったりします..

今となっては古いタイトルばかりですが、たまに引っ張り出して聴いています。
これと同じCD持っている人はほとんどびょーきです。(笑)

このページの上部へ

サイト内検索

アーカイブ

最近のコメント

全てのコメントを一覧で見る


にほんブログ村

にほんブログ村



Powered by
Movable Type 6.3.2