今年初めてのUP。大変遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
本年もマイペースでUPしていきますので「THEBEATLES-1.COM」
ともどもよろしくお願いします^^ 昨年はちょっと買い込みすぎました(汗)

さて、最初の記事は「RAY CHARLES」ビクターの古い国内盤のEP
ビクターレコード SJET-212(擬似ステレオ)
1.jpg
収録曲は
A面
1.WHAT'D I SAY
2.SWANEE RIVER ROCK
B面
1.MY BONNIE
2.HOT ROD
"WHAT'D I SAY"や"MY BONNIE"やビートルズがハンブルグ時代にトニーシェリダンと
競演したり自演した曲として有名だ。
擬似ステレオなのが残念ですが、レイの魅力を楽しめる1枚でした。

■レイ・チャールズについて簡単にご紹介すると
1930年アメリカ、ジョージアに生まれ7歳で全盲になるものの
10歳には既にステージデビューをしていたそうです。その後
1950年代はゴスペル風味を加えたブルージーなR&Bが中心で
エルビス・プレスリーも影響をうけたそうだ。
ray.jpg
1960年代以降はジャズ・ポピュラーなどのスタンダードや
カントリー&ウェスタンも取り上げるようになり全てレイ流に消化してしまうところがすごい。
彼がカバーした曲で日本でなんと言っても有名なのはサザン・オールスターズの
「いとしのエリー」でしょうね。これは1986年に発表されました。
2004年6月10日、73歳でなくなるまで晩年は映画に出演したりエリック・クラプトンと競演したり
精力的に活動。
なんかすごい人ですね^^

レコードですが、

≫続きを読む