NIC(LAN CARD) 一覧-1ページ目-Bug's News Beatles Collection

久々にNICのご紹介。後付NICに関してはこちらをご参照ください。

NICに関しては最近収集していないので古いありものでごめんなさいですが、
これも例によってだいぶ前に製造中止となった代物です。
coregagiga450.jpg
発売当時は3000円程度と初めて10000円を切る廉価版GIGIBIT NICとして注目を集めましたが
いかんせん、GIGABITでリンクしたときの発熱がすごすぎです!

はっきり言ってコントローラーチップの上でサイズ的にウズラになってしまいますが
目玉焼きができてしまうほどです(笑) コントローラーチップはALTIMA製のAC1002。

熱暴走するのか、この状態になると通信も不安的になり使い物になりませんでした。
同じような基盤、チップを使用したMELCO LGY-PCI32-GTも同じことになるようです。

結局、改造してチップの上に放熱用ヒートシンクを貼り、なんとか使用できるようになりました。
coregagigaU450P.jpg
この状態でもまだまだ不十分のようで、負荷をかけるとたまに不安定になります^^
普段は通信も安定してスループットも悪くないのでいいNICなのに残念!!
現在はお蔵入りです..

今回はPLANEX製のギガビットのNICをご紹介いたします。
例によって生産中止になっております(汗)

この製品は発売当時はおそらく2万円以上もしたいわゆる高級NICでして
64ビットPCIバスにも対応していることから完全にサーバー用途として開発されたものです。
nsgiganic.jpg
ものがものだけに
基盤のつくりも美しいし各パーツとも信頼性がたかそうなものを使用しています。

コントローラーチップは定評のあるNationalSemiconductor社製の 【DP83820】
ジャンボフレームにも対応しています。
nsgigachip.jpg

実はこのNIC、現物とPLANEXさんのHPで製品情報を付き合わせたら微妙に仕様が違っていて
僕の物はICチップの上に、放熱用のヒートシンクが追加されていた。
測定はしたわけではないのですが、たしかにギガビットでリンクするとコントローラーチップは
触れないほど発熱するのでヒートシンクは必需品なのでしょう。

僕はソフマップの中古で2000円ほどで購入したのですが、
前オーナーが追加したか、途中で仕様を変更したのかもしれませんが真偽は不明です。
どなたか情報をお持ちの方がおりましたらぜひご教示をば..
え!、そんなことどうでもいいって?? そうですよね(笑)

≫続きを読む

今回は【バッファロー】のNICをご紹介します。

コレガ、プラネックスと同様に家電量販店やPCショップではかならずと言ってよいほど
お目にかかる【MELCO】ブランドで有名なメーカのNICですがこれがなかなか性能がよい製品です。
buffar.jpg

この製品に使用されているチップはPCのマザーボードの制御チップで有名な『SIS』のもので
型番は"SIS900" このチップはできがよく【NETGEAR FA311 10/100】で使用されている
チップの互換製品です。詳しくは同製品の記事を見てください..

このNICを半年ほど使いましたが特にトラブルもなく安定しておりました。
現在も家族のPCで使用しております。

≫続きを読む

今回のNICは海外のネットワーク機器メーカーのNETGEARが発売していたFA311です。
このNICは通信時のCPU負荷が低くマニアの間で評判が良いもの。

これも2003年中に製造中止となってしまいましたが"WAKE ON LAN"機能を追加しただけの
FA312が現在もWebに紹介されています。

NetgearFA311Pack.jpg

FA312はインテル製のPro100/Sのだいたい半額の2000円程度で購入できます。
FA311は1000円程度だったので製造中止になったのが残念。

ナショナルセミコンダクターのコントローラーチップ、DP83815DVNGを搭載。
インテルの82550Cチップと同様に評判がよいチップだ。
ただしインテルの製品はハードのチューニング項目が多く、マニア心をくすぐります。(笑)

netgearfa311chip_L450.jpg

スループットや安定性は抜群で値段を考えるとコストパフォーマンスは非常によいと思います。
すでに製造中止の製品ですが販売されているのも見つけたら即決で購入してもよいNICです。

netgearfa311_L450.jpg

≫続きを読む

前回はCPUメーカーの雄、インテルのNICでしたが、こちらはライバルメーカになる
AMD社製のコントローラチップを搭載しているコレガのNICです。
発売当時は5800円もした高級NICです。

CoregaAMDBOX.gif

スループットはよいというわけではありませんが負荷が高い時の安定度は抜群です。
たとえばサーバにギガバイトのファイルをコピーするようなPC、NICにかなり負荷がかかる状態でも
確実にファイルを転送してくれます。
普及品のNICを使用してた時はLANでのファイルコピー時に問題が多く発生。
読めなくなったり、接続が切断される不具合が頻発していましたがこのNICではまったく発生
しなくなりました。
すでに製造中止の製品ですが在庫で投売りして安く購入できるようでしたらお勧めです。
でも、もうジャンクでしか入手できないだろうな...

coregaAMDUP_L450.jpg

僕は2003年5月にヨドバシカメラで580円で購入しました。(定価の10分の1!)

coregaAMD_L450.jpg

入手は困難ですが同等製品と思われるものはCenterComブランドで有名なアライド・テレシスから
販売されています。こちらを参照 LA100PCI-T VT3

手で持つとずっしりとしていて重量感があり、ちょっと前の、いかにも高級NICらしい。
基盤もしっかりしていて仕上げも美しい製品でインテルのものと違った良さがあります。
インテルのチップを搭載したIBM PCI Ethernet 10/100はどちらかというと
軽量タイプのNICでデザインの美しさはぴか一だと思います。

NICについての説明はこちら

最初にご紹介するものは、
IBM系列の会社にいたとき『なんでこんな高いんだ!』と思いつつPCの見積で扱かったNICです。
2003年11月にIBM製のしかもAptiva純正品ということで新宿のSofmapで
山積みになっているのを見かけて衝動買い。しかも1,480円!! と激安でした。
僕の記憶ではたしか定価で20,000円以上していたと思います。
34L-1201と製品型番も昔からのIBMのフォーマットでマニュアルもシュリンクされ昔と変わらず。

IBMDeskJetEtherManual.jpg

早速NICに搭載されているChipを見るとなんと "i" のマーキングが...
Intel製のChipが搭載されていました。基盤の部品配置やプリントをチェックすると
Intel 100/PROとまったく同じでどうやらIBMへのOEMのようです。

ibmintel100+chip_L450.jpg

ためしにIntel純正のドライバーをインストールすると
『Intel(R) PRO/100 Network Connection』 とデバイスマネージャーに表示されます。
Chipの型番は82559というものでIntelの製品でいうと100/PRO+で使われているものと同じです。
ハードウェアをIBM向けに変更しているようで、本家のIntelの100/PRO+自体は
Windows2000では標準でドライバーを備えていませんが、このIBMへ提供しているものは
『IBM EtherJet100...』という名称で自動的にドライバーがインストールされました。

ibmintel100+_L450.jpg

100/PRO+の仕様はこちらを参照。
(※今は別の製品に切り替わっているようです)
インテル製のNICは安定性が高く、通信中のPCへのCPU負荷が少ないことで有名。
お勧めの逸品です。性能に関係ありませんがデザインも洗練された感じでGOODです。

NICについて

コメント[0]

NIC(Network Interface Card)、いわゆるLANカード
あるいはLANボードのことをいいます。
最近のパソコンは最初から組み込まれているためパソコンのPCIスロットに差し込んで
追加するボードタイプの製品はめっきり品数が減ってしまった。
ところで
僕はNIC(LANカード)やルータなどのネットワーク関連のデバイスが大好きです。
こんなことを書くと、変なやつだと思うかもしれませんが、理由としては
モノによって基盤のつくり(表情)が異なる点と
実用面ではチューニングを施すことによって、がらりと性能が変わるので
『インターネットの実用品』というよりマニア心をくすぐります。
あとだいぶ前ですが、ネットワークの仕事をしていた点も大きい。

nic.jpg

NICはブロードバンド環境ではマストなパーツだがおまけとは言えないりっぱなものが
内蔵されている一部を除いて性能的に不満が残るものがけっこう多い。
反面、パーツとして市販されているNICにはいままで感じていたストレスがうそのように
なくなるものがある。

このカテゴリーでは、僕が使用したことがあるものを簡単にご紹介する予定です。
ビルトインタイプのNICで不満があるかたはだまされたと思って
交換(追加)を検討されてはいかがでしょうか。
ただし、今となっては
安価で性能がよいものは入手しにくくなっているのがすごく残念です。
※この記事は元々Webで公開していたものを見直し、こちらに移動しました。

≫続きを読む

このページの上部へ

サイト内検索

アーカイブ

最近のコメント

全てのコメントを一覧で見る


にほんブログ村

にほんブログ村



Powered by
Movable Type 6.3.2