JUNKY RECORD 一覧-1ページ目-Bug's News Beatles Collection

今日はビートルズの赤盤を2枚ご紹介します。特に変わったものはありませんが
半年前にハードオフで手に入れたジャンクレコード。
赤盤について詳しく知りたい方は拙文ですがこちらをご覧ください
こっちは赤盤ギャラリーのトップメニューです。

こちらは「HELP!」、東芝音楽工業が販売した古いOdeonレーベルのもの。
※1400サイズ
BEATLES HELP! 赤盤
これ以外に同じものを2枚所有していますがこれが一番の美品で
コーティングされた厚手ゲートフォールドジャケットの白がすごくまぶしい。
東芝さんが音楽ソフトビジネスから撤退して久しいのですが、
昔はこんなに良いレコードを製造・販売していたわけです。
※1400サイズ
BEATLES HELP! 赤盤
付属のピンナップは所有していなかったのでこれはうれしい。
BEATLES HELP! 赤盤
赤盤もきれいでよろしい。

もう一枚は「ABBEY ROAD」の赤盤。
BEATLES ABBEY ROAD 赤盤
これもだぶりになってしまいましたが、まあ安いからいいですか...
BEATLES ABBEY ROAD 赤盤
ところで「ABBEY ROAD」の赤盤のジャケットは偶然かもしれませんが
東芝音楽工業の同じ時期の黒い盤よりちょっとだけ色が薄いのですぐにわかる。
今回も黒盤もあったのですが同様でした。皆さんのものはどうでしょうか?
実は
もう一枚アップルレーベルの「マジカルミステリーツアー」赤盤も手に入れたのですが
実家の倉庫にしまいこんだようで掲載できず残念でした。
こちらは所有していなかったのでHOで発掘した時は非常にうれしかったです^^

先日HOに立ち寄ったら、なつかしい「スリー・ドッグ・ナイト」のLPを見つけました。
僕はこのバンドのLPを持っていなかったので購入しました。
1.jpg
「スリー・ドッグ・ナイト」とはカウボーイが野宿するときに暖を取るために
犬を抱いて寝ることからとられたそうだ。
もし猫だったら「スリー・キャット・ナイト」になったのでは、
などとどうでもいいことも考えてみたくなります。

僕はこのグループはヒット曲の「オールド・ファッションド・ラブ・ソング」しかしらないので
ニルソンのカバー曲「ワン」なども収録されていてびっくりしました。
ところで

≫続きを読む

JUNKなLPからもう一枚
Freeの最高傑作とも言われている彼らの3枚目のアルバム
「Fire and Water」のUK盤。これも105円でした。

UK Island Records ILPS-9120 1970年
free3rd400.jpg
↑拡大です
これも昨年9月に大量購入したLPなのですが、
スリーブの右上にヨレがある以外はきわめて良品でした。

全英NO1に輝いた最大のヒット曲「ALL RIGHT NOW」やタイトル曲の「FIRE AND WATER」、
「MR.BIG」など聴き応えたっぷりでした。
ポール・コゾフのギターとポール・ロジャースの力量あふれるボーカルが
独特の渋さをかもしだしていて、何度聴いてもいいアルバムですな~

さてこのレコードですが、

≫続きを読む

今日はJUNKなレコードからLPを1枚
いわずと知れたCREAMの名盤で105円で購入した1980年ごろの再発盤だ。

CREAM 「DISRAELI GEARS」、邦題 「カラフル・クリーム」オリジナル盤発売は1967年
cream400.jpg
↑拡大でございます

僕はよくわかっていないのでこのLPについて何も語れません。
なによりこのLPをCLAPTON扱いにしている見識のなさがそれを物語っている..

creamback400.jpg
↑拡大です

話はぜんぜん違うのですが、
1974年頃の高校の文化祭では必ずといっていいほどこのLPをコピーするバンドが活躍していて
僕はへたなビートルズのバンドをやっていて、お互いに演奏を意識し独特の雰囲気があり
「DAY TRIPPERのギターはかっこいい」だの「そのハードなリードはとてもまねできない」だの
当時、練習の合間にお互いに会話を取り交わしていた記憶があります(←意味不明 笑)

フラワームーブメント以降のサイケデリック極まりないアートワークは
非常にかっこいいのですが、

≫続きを読む

FREE

コメント[5]

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

また、たくさんの年末・新年のコメントありがとうございました!
皆様におきましてもよい年になりますよう願っております。

さて、新年最初のアルバムは昨年、ゲットしたフリーのデビューアルバムです。
1969年に発売され、サイケ色が強かった1960年代末に
ロックにブルースを融合させブルースロックというスタイルを確立したアルバムで
どちらも名盤といわれています。
渋いギター、アタックが聴いたドラムス、メリハリがあるベースのリズムに
ポールロジャースのボーイッシュなボーカルが絡み合い、独特な雰囲気があります。
なんてえらそうなことを書いてますが今回このアルバムをはじめて聴きました(笑)

これは国内盤で昨年の10月に105円で購入。
「TONS OF SOBS」 ISLAND/Polyster Records
型番:20SI-225
1984年頃に発売された廉価版のようですが新品同様でした。
free1st450.jpg
↑拡大
他のアルバムよりちょっと演奏が荒い感じでワイルドでよかったです。

レコードも新品同様でピカピカでした。
free1strecord400.jpg

「FREE」のアルバムはまだ数枚所有していますので、またご紹介する予定です。

ジャニス・ジョプリンのライブアルバム、【CHEAP THRILLS】
米国 CBS/COLUMBIA PC 9700
cheapthrills400.jpg
拡大

A面収録曲
1.Combination of the Two
2.I Need a Man to Love
3.Summertime
4.Piece of My Heart

B面収録曲
1.Turtle Blues
2.Oh, Sweet Mary
3.Ball and Chain

「ビッグブラザー&ホールディング・カンパニー」名義のアルバムで1968年に発売され、
内容は1967年フィルモアウェストでのライブ公演をレコーディングしたものです。
演奏のうまさはもちろんですが、ジャケットのアートワークもバタ臭くておもしろい。

この時代のライブアルバムはすごく大気感を感じるため、
今の時代のリマスターされたCDと違って聴きやすい。 この場合は音質などはあまり気にしない^^

ジャニスの激しく時にはソウルフルなボーカルがいっそうこの雰囲気にマッチしているように思う。
特にA面の1曲目の"Combination of the Two"と3曲目の"Summertime"の
ボーカルと演奏は心に残る名演だと思います。いまさらですがすごいパフォーマンスです。

LPですが、

≫続きを読む

今日のジャンクで購入したレコードはジョン・レノンのライブアルバム、 105円

【LIVE PEACE IN TORONTO 1969】

米国盤はすでに所有していたのですが、東芝音工盤はないのでまよわずゲット。

AP-8867 Apple/東芝音楽工業 2,000円表記
torontojacketlabel400.jpg
拡大
実質的にビートルズから脱退していたジョンがヨーコといっしょにエリック・クラプトンや
クラウス・ブーアマン、アラン・ホワイトと結成したプラスティック・オノ・バンド。
カナダのトロント"ロックンロール・リバイバル・ショー"での演奏をライブを収録したものです。
ひげ面に白スーツでかためたジョンがビートルズ初期と同じ演奏スタイルで
シャウトする"Money"が大好きです。ギターの音もすごくかっこいいです。

このレコードのプレス時期はレーベルの色が薄く2000円の音工盤のため1972年頃だと思う。
あと、この時期の東芝のレコードにはランアウトグルーブの刻印が変なレコードがあります。

≫続きを読む

Highway

コメント[2]

今日は"Free"の【Highway】 UK盤と国内盤。
UK盤は9月にジャンクで32枚まとめて購入した内の1枚なのですが、
国内盤はその後、偶然に見つけて購入したもの。どちらも105円でした。

UK Island Record ISPS-9138 1971年発売
ukhighwaysleeve300.jpg
拡大
ukhighway400.jpg

インナーはブルーの島印のものでした。 MATRIXは両面とも"-1U"
ukhighwayinner400.jpg

こちらは国内盤で1984年頃にポリスターから発売されたもの。
jphighway400.jpg

このアルバムもなかなかポール・ロジャースのボーカルがしぶく、ギターの音がいい感じの曲が多かった。
ハードロック系のグループは今まであまり聴かなかったのですが、非常に気に入りました。
これからは
このグループも積極的に聴くようにしよう^^

ジャンクなLPの発表の場と化したこのBlog.. 今日はローリング・ストーンズの【AFTERMATH】
これも9月に購入したもので105円でした。
国内タイトルは【THE ROLLING STONES/5 AFTERMATH】あるいは【余波】となっています。

1969年にキングレコードが発売したゲートフォールのデラックス版でシリーズ物のようだ。
国内盤独自ジャケットなのですが、
初めて見たときは"ROCK'N ROLL CIRCUS"のLDかと思いました(笑)
aftermath2_500.jpg
拡大表 拡大裏
ジャケ写真はこのアルバム発売当時はストーンズの最新フォトということになります。

ストーンズのLPは今までほとんどまともに聴いたことがなかったのですが、
このLPを聴く限り、いまひとつという感じですが、
まだまともに聴いていないので印象が変わるかもしれません..

aftermathgatefole_500.jpg
ゲートフォールド内部と歌詞カード、当時の青いレーベル。
aftermathlabellylic500.jpg
歌詞とレーベル拡大

ストーンズはまだ何枚かまとめて購入した盤がありますので、あわてずゆっくりと楽しむことにします^^

Free

コメント[2]

9月に購入したジャンクLPから今日も1枚。 【Free】

ISPS-9104 UK Island Record 1969年発売
free1_400.jpg
拡大
スリーブ裏に"Printed and made by E. J.Day, London"との印刷があり、
インナーもおなじみの"MADE IN Gt.BRATIN"、"Patent Applied For..."のプレーンタイプ。

このグループのアルバムは初めて購入したのですが、ハードでブルージーな先入観を持っていました。
聴いてみるとこれがしっとり落ち着いている曲が多く、大人のロックという感じですね。

free1label_400.jpg
拡大
この島レーベルは1972年~1973年頃に使用されていたと言われているデザイン。

マトリックスは"-5U",1, H / "-5U",1, L とマザー、スタンパーは若いが枝番はかなり進んでいるようだ。
free1Record_400.jpg
スリーブ、盤、インナーも非常に程度がよかった^^ レコード拡大

まだ、じっくりと聴いていないので他のアルバムもこれから楽しみたいと思います。

このページの上部へ

サイト内検索

アーカイブ

最近のコメント

全てのコメントを一覧で見る


にほんブログ村

にほんブログ村



Powered by
Movable Type 6.3.2