あまり気張らず、なんとなく聴きたくなるお気に入りのアルバムというのを
皆さんも、おそらくお持ちだと思いますが、僕の場合だと
1972年にUNITED ARTISTから発売された
ドン・マックリーンのセカンドアルバム『AMERICAN PIE』がそのうちの一枚。

americanpye_450.jpg

大のフアンであるバディーホリーの死を悲しんで作曲しシングルカットされた
『AMERICAN PIE』ではポールの『RAM』のセッションに参加したデビッド・スピノザが
リードギターで参加していてるというのがミソ。

フォーク、カントリーウェスタン、バラッド、オールドロックンロールと
曲作りも変化に富んでいて、素朴なのだがアレンジが凝っていて非常に楽しめます。

※写真はコーティングジャケットが美しいAU盤。
同じUNITEDレーベルで発売された、キングレコードの国内盤も結構、張りが合っていい音がします。