DOMESTIC POP 一覧-1ページ目-Bug's News Beatles Collection

今日は気分を変えて1970年代、なつかしいドーナツ盤のシングルをご紹介します。
ただ、この曲を知っている年代層は少なくとも40代でも中盤以降の世代かな。
この曲はまず印象的なリードギターでいきなりストレートに始まり、エイトビートのリズムがすごくパワフル。
中盤のギターワークもすばらしくのりがよく、今、聴いても全く古さを感じない非常にかっこいい曲だと思う。
銀の指輪I
「銀の指環/セプテンバー」 東芝EMI 1974年1月20日発売
チューリップに関しては特にのめりこんで聞き込んだわけではないのですが、
この曲に関しては、発売された当時の僕はまだ中学生でした。、
ちょうどギターを初めたばかりで同級生とバンドを結成したばかりだったと記憶しています。
音楽雑誌(名前は失念)に掲載されたコピー楽譜を元に一生懸命練習した思い出がありますが、
このエイトビートのギターリフの感じは表現できなくて、今でもその当時のくやしかった記憶がよみがえります。(←単にへたなだけです 笑い)
銀の指環I
レーベルはおなじみの東芝EMIのExpressですがカッティングレベルは高く7インチ盤の良さが際立っています。

B面の「セプテンバー」はイントロがビートルズの「GETTING BETTER」?かと思わせる、
楽器のアレンジも凝った情感がこもった曲でA面にしてもよい名曲だと思う。

銀の指環
今回はテクニクスのリニアトラッキングプレーヤーで聴きましたが、これはカッティングマシンのように
アームが平行に移動する方式で小型ながら非常に音は良い。SHUREのテストレコードも軽くパスしました。
ちょうどポータブルCDをLPサイズにした感じのつくりで、フルオートなのでシングルをとっかえひっかえ聴くには便利。

今日は高木麻早(たかぎまさ)さんのデビューアルバム。
彼女は第5回「ヤマハポプコン」で最優秀歌唱賞を受賞して1973年にデビューしました。
ヤマハのポプコンとは正式には「ヤマハポピュラーソングコンテスト」で、
新人歌手デビューの登竜門的な存在で、いわゆるアイドル歌手発掘の場と違い
もっとアーティスティックだった印象があります。
(アイドル歌手がアーティスティックではないという意味ではありません)
記憶では中学生のときに渋谷で開催されたポプコンの会場に行った覚えがあるので
もしかしたら聴いていたかもしれませんが中学の同級生に誘われて
ついていったこともあり、記憶があいまいです^^
2.jpg
ヒット曲の「思い出が多すぎて」の記憶しかなかったのですが

≫続きを読む

LET'S BEGIN!

コメント[5]

1972年に発売された青い三角定規のヒット曲「太陽がくれた季節」
イントロのかっこよさとさわやかなコーラスワーク、軽快なリズムと
非常に万人受けする曲ではありますが、HOにて発見し、懐かしくて購入しました。

2.jpg
A面は当時、日本テレビ系列で放送されていた青春ドラマ「飛び出せ青春」の主題歌です。
1960年代後半あたりのもっとも世の中が忙しかった時期にはやったいわゆる根性ドラマ(笑)
シリーズものなのです。その後、森田健作を挟んで中村雅俊の「俺たちの..」シリーズ
(一作だけ勝野洋が主演)や「XXXの総理大臣・XXXの大統領」シリーズと続きます。
3-400.jpg
実は1972年当時に住んでいた東京の立川市で
青い三角定規のライブ演奏を聴いたことがありまして、
これは僕が自分の意思で初めて聴いたものだと思います。
場所は中武デパートというローカルだが結構立派なデパートの屋上。
サイン会があり演奏もしてくれました。テレビと同じ演奏だったので感動した記憶があります。
もしかしたら口パクだったのかな~

ところで、ジャケットの写真は三宅イッセーさんデザインの
典型的な1970年代前半ファッションか! これどうでしょうか..
非常に興味深いのですが、
僕は当時、IVY小僧だったので当時はやったファッションはよく覚えておりません^^

今日のレコードはいきなり邦楽ポップス系で
ホフ・ディランの 「UNIITED SONGS OF ANALOG」
1997年にMFSLから発売されたものでポニー・キャニオンがディストビュートしました。
1-400.jpg 拡大

このユニットは
なんとも人をくったような名前が印象的なのですが
音楽的ベースがビートルズらしく
どんな楽曲を発表しているのかさえ知りませんでしたがすぐに気に入りました。
アルバム「UNITED SONGS OF ANALOG」はCDの揶揄と
アナログ賛歌を軸としたなんともファンキーでポップなアルバムだ。
CDは「WASHIGNTON C.D.」というタイトルで
アナログ盤と内容が異なっています。
WASHIGNTON D.C.からCDが飛び出てくるアートも面白いです。

LPでは1曲目が「レコード針からこんにちわ」なのにCDでは「コンパクトディスク」
といった具合でコンセプトにかなりこだわっているようだ。
(CDは所有していないため未確認です)

ところで、

≫続きを読む

危険なふたり

コメント[7]

1973年の第4回日本歌謡大賞を受賞したジュリーこと、沢田研二の【危険なふたり】

この頃はジュリーも紅白の常連で僕もテレビで見ましたがすごく盛り上がっていた記憶があります。
中学校でも、なりきりジュリーがはやり、もう大変でした(<-僕にはできませんでした 笑)

kikennafutariall_500.jpg
拡大
危険なふたり(昭和48年)
作詞:安井かずみ 作曲:加瀬邦彦 歌:沢田研二
プロデューサー:佐々木幸雄 ミキサー:吉野金次

この曲を聴いた時期はちょうどビートルズを聴きまくっていたのですが、
当時の印象はなにかビートルズぽい曲だな、というものでした..
コンプレッサーががんがん効いたドラムとベースなどリボルバーの録音とそっくり!
そこでちょっと調べてみましたら、このレコードをミキシングしたエンジニアは
吉野金次さんでした。どうりで~

とうとうというか、やっと【ブルー・ライト・ヨコハマ】を手に入れました~

まともに聴くのはサインをもらった1968年以来ですので、なんと37年ぶり!!

例によってJUNKのいわゆる105円ものでした。

bluelightyoko_250.jpg

表紙の写真はよく見かける、というか見慣れたあゆみさんの写真なのですが、

裏写真はあまりにも美しくて手に取ったときはすごく感動しました^^
bluelightyokoB_250.jpg
新譜で発売された当時は母親が購入したはずなので
この写真は当時目に触れていたはずですが全然覚えておりませんでした。 写真の拡大はこちら

発売元は日本コロンビアでした。 カンパニースリーブ付き
bluelightyokoRecord_300.jpg

エコーが効いたあゆみさんのボーカルも美しいのですがこの一枚は僕にとって
本年お気に入りベスト3に入るレコードになることでしょう。

ちょうど、『いしだあゆみ』さんについて
デビュー直後?だと思われる時期に、サインをもらった経験があるので
いつか紹介しようと思っていたのですが、先日、
相互リンクをさせていただいた路傍の石さんが熱~~くつづった、
いしだあゆみさんの【ブルー・ライト・ヨコハマ】を拝見させていただき
彼の"あゆ"ちゃんへの思いに感銘を得てさっそく記事をUPすることにしました。
といっても僕のは単なる思い出だけなのですが...
omote_S.jpg
拡大

これは1960年代当時、よくあったと思われる企画ものLPの宣伝用チラシのようで、
当時のヒットチャートのランクが表紙に載っております。
【ブルー・ライト・ヨコハマ】はむろん
当時はやった歌謡曲やGSなど、なつかしの写真が満載です。
フォークルのシングル【青年は荒野をめざす】のチャートも表紙の写真で確認できます^^

テンプターズやオックスより【タイガース】こそ正統派GSだと勝手に思っていました(笑)
というか、子供でもわかりやすかったグループなのでしょうか。

ura_S.jpg
拡大

いしだあゆみさんについての詳しい話は路傍の石さんの
"昭和の歌謡曲 ブルー・ライト・ヨコハマ いしだあゆみ"
を見ていただきたいのですが
この写真は【ブルー・ライト・ヨコハマ】が大ヒット、今風に言えばブレークしたての頃でしょうか。
ちらしに手書きで44.4.1(昭和44年4月1日か?)と記してあります。

≫続きを読む

このページの上部へ

サイト内検索

アーカイブ

最近のコメント

全てのコメントを一覧で見る


にほんブログ村

にほんブログ村



Powered by
Movable Type 6.3.2