いつも日曜日のこの時間になると、げんなりと、憂鬱となる。
いわゆるMONDAY BLUEというやつ。そんな時はCAROLE KINGの「つづれおり」を聴くに限る。
さすがのビートルズも効力がなく、女性ボーカルものが一番かなと思います。
Tapestry
「Tapestry」 邦題「つづれおり」 KING RECORD 1971年発売
本国のアメリカでは15週連続チャートのトップを独走し、その後6年間チャート内にとどまった
シンガソングライタ、CAROLE KINGの名盤だ。
アルバムのタイトルどおり曲はどれも彼女の私的感情をこめた弾き語り中心の構成だが
特に冒頭曲の「IT'S TOO LATE」のポップな感触と
「SO FAR AWAY」の情感がこもったボーカルと演奏は控えめながらなにか鬼気せまる
雰囲気がとても好きです。

こちらは1990年代のオランダプレスでデジタルリマスターのLP。
Tapestry
やはり音が自然なアナログマスターの方を好んで聴いております。
国内盤はオリジナルはゲートフォールカバーで発売されました。
Tapestry
最後にレーベルです。A&M系列のODEとEpic系のODE。(左が国内盤です)
Tapestry

今日もこのLPを聴きました。それでは皆様おやすみなさい^^