BEATLES 一覧-9ページ目-Bug's News Beatles Collection

今日は、Oz盤の「A HARD DAY'S NIGHT」のモノラル、
YELLOW PARLOPHONE。1964年に発売されたオリジナル盤です。
Parlophone PMCO-1230 1964/09/03
1-400.jpg 拡大
オーストラリアでは英国より約2ヶ月遅れてリリースされました。
スリーブは例によって、フロントに「mono」表記がありません。
これは当時、ステレオLPとの共通仕様スリーブで、

≫続きを読む

今日はリンゴがドラムをたたいているレッドレーベル
よく知られていることですが、
アルバムに収録されている「LOVE ME DO」と「P.S. I LOVE YOU」はリンゴは
ドラムを演奏してません。この手に入れた盤は初期プレスで
「MADE IN Gt.BRITIN」の表記がレーベルにあるものです。
TAXCODEは"ZT"でした。
Parlophone 45-R4949 1962/10/05
1-A-400.jpg
サウンドは浮遊感がある独特のテンポで進み、
ドラムとベースがシンクロしたり外れたりしてポコポコ聞こえるし、
ポールの声も緊張して声が上ずっているのが良くわかります。

この雰囲気はMATRIXの枝番が"-1"の
この盤でしか聴けないものだと思います。
(正確に言うとブラックレーベルにも同じバージョンが存在しますが..)
1-400.jpg
さて、
ポールはこの音ずれを、リンゴの演奏のいいところ、と言っていた
記憶がありますが、個人的な感想としては
どうもこれはリンゴをかばっているだけかもしれません(笑)
これは冗談として、
THE BEATLES-1.COMに画像を追加UPしました。のでよろしかったらご覧ください^^
シングル「LOVE ME DO」
レーベルカラーシングル
税率コード

今日は到着したての、
「PLEASE PLEASE ME」のゴールドレーベルの第二弾、もちろんモノラルです。
先日入手したものとレーベルタイプが異なり、いわゆる「Northern Songs」タイプです。
レーベルに印刷されている曲の出版元が正しいとされているもの。
UK Parlophone PMC1202 1963年3月22日発売
ukppmgoldnorthern2_A_400.jpg
「Disck James」タイプのレーベルよりプレス数が少ないと言われています。
追記:B面は「Disck James」タイプでした。

スタンパーは"H/GH"

次回はOz盤の予定です。

レコードを整理し始めてから、はや3ヶ月。
一向にかたずく気配がありません(笑)
元々、かたずけという行動が苦手なのでうまくまとまらず、
どうしたものかと思案中です。

やはり思い切って聴かないものを手放したほうがよさそうだ。
ところで、先日、DR、DMM盤のホワイトアルバムをストックから入れ替えて
聴こうとしたら、またもや...

≫続きを読む

今日はUK盤で久しぶりのモノラルです。
ビートルズの2作目の「WITH THE BEATLES」
UK Parlophone PMC1206 1963年10月22日発売
deccawtb.jpg
あわてて写真を撮ったので、画像はぼけていてすいません..(<-撮り直しました。)
すばらしい写真はTHEBEATLES-1.COMに
タコ星人さんの盤がありますのでご覧ください。
このレコードはセンターの形状から通称"DECCAプレス"と言われていて、
形状を表現して"DEEP GROOVE"(深い溝)とも呼ばれています。
さて、これは

≫続きを読む

久しぶりの国内盤、「ステレオ! これがビートルズ vol.2」の赤盤です。
いわゆる「WITH THE BEATLES」ですが、国内独自のジャケットと
豪華なカラーピンアップがゲートフォールド内部に押し込まれていて
外観だけでは全く別のアルバムにしか見えない
古くからビートルズを聴いている日本のファンはおなじみのアルバムです。

AP-8678 Apple/東芝音楽工業 1969年9月10日発売
2-400.jpg
と言いつつも、ジャケットの写真は割愛させていただきます(笑)
詳細はReikoさんのThe Beatles CollectionにあるこのLPの紹介をご覧になってくださいね。
(↑僕のBlogはかなり手抜きですいません..)

さて、
僕の場合、

≫続きを読む

いいかげんにしろ、という状況ですが..
また手に入れましたので飽きずにお付き合いください^^

先日このBlogで仮想UK盤 EP 「NOWHERE MAN」という記事を
UPしたのですが、とうとうオリジナルUK盤を手に入れました。

今回は購入時の談話ありです。

UK PARLOPHONE GEP8952 1966年発売
1-400.jpg 拡大
そういえば、AU盤のこのEPのジャケには"mono"の印刷がなかった。

このEPは数が少なく、再発盤でもけっこうなお値段がついています。
おととしあたりですが、相場をチェックするために、

≫続きを読む

今日は久しぶりに米国オリジナルLP
「MAGICAL MYSTERY TOUR」のモノラル盤です。
型番はMAL-2835でステレオの場合はSMAL-2835になります。
1-400.jpg 拡大
このLPは1967年の発売。アメリカでモノラルでも発売された最後のLPです。
よく知られていることでもありますが、
本家の英国ではEP2枚組みのミニアルバムとして発売されました。

このレコードですが、
ジャケットにすれもなく、ブックレットもしっかりと付いているし程度がよい。
難をいえば、フロントに落書き少々とオリジナルインナーが欠品。
でもレコードは一度も針を落としたことがないのでは、
と思えるほど状態がよくびっくりしました。
次回はUK盤を予定しています..またお付き合いお願いします。

3枚目のPARLOPHONE GOLD LABELはOz盤(オーストリラリア)
UK盤に劣らず、いい音がしました。
「PLEASE PLEASE ME」 PMCO1202 1963年10月発売

同じものがMST!さんのHPのUK盤のコーナーで紹介されています。
ぜひご訪問ください。
au400.jpg 拡大
イギリスより半年以上遅れて発売されていたようだ。
その後のレーベルの変遷はUK盤と同様に複雑なので

≫続きを読む

今日はUK盤 EP 「BEATLES FOR SALE」の再発盤だ。
ラミネートコーティングのジャケットとセンターの形状リムから推測すると
1973年頃に再発されたEPのようだ。

UK PARLOPHONE GEP8931
1-400.jpg 拡大

この再発盤のマトリックスはオリジナル盤と同じもので音は遜色がありませんでした^^

オリジナル盤の紹介はこちらです。

このページの上部へ

サイト内検索

アーカイブ

最近のコメント

全てのコメントを一覧で見る


にほんブログ村

にほんブログ村



Powered by
Movable Type 6.3.2