BEATLES SOLO 一覧-1ページ目-Bug's News Beatles Collection

ポールの新作が今日届きました。「memory almost full」
CDが発売されてからだいぶ時間がたってしまいましたが待望のアナログ盤です。
1.jpg
もう夜も遅いので聴くことができないのが残念ですが、
3.jpg
パッケージはコーティングされた六つ折ポスターがレコードジャケットの代用で、
コーティングされたやや中厚のインナースリーブにLPが収まっている。
2.jpg

このポスターというか、ジャケットは広げるとかなり圧巻で
やはりこのあたりはLPサイズならではの楽しみですね^^

今日もUK盤のシングルをご紹介します。
これもジョージ・ハリスンのヒットシングル、「GIVE ME LOVE」
uk7givemeloveDECCA350.jpg
先日再発リマスターで発売され話題になりましたが
「LIVING IN THE MATERIAL WORLD」からのシングルカットになります。

出だしのアコギの音は国内盤よりクリアーでやはりUK盤のシングルは手放せません。
このシングルの国内盤は1973年の中学生の時に新品で購入し
繰り返し聴いた思い出深い1枚です。

ところで、この盤もEMIのプレスではなく委託プレスのようです。

≫続きを読む

これはジョージ・ハリスンのヒットシングル、「MY SWEET LORD」のUK盤なのですが、
ukmysweetloadCBS350.jpg
一見、何の変哲もないソリッドセンターのシングルですが
センターのプレス形状がEMIのものと違います。調べたところどうもCBSPYEの委託プレスらしい。
このレコードは1970年の発売されたのですが
ビートルズでも「HEY JUDE」のソリッドセンタとスポークにもPYEプレスが存在するようだ。
ukmysweetloadCBSMATRIX_A400.jpg
委託プレスの特徴で、ランアウトには税区分コードの"KT"はありますが
3時の方向のスタンパーは刻印がありません。

大きい画像を THE BEATLES-1.COMに掲載しましたのでよろしかったらご覧ください。
THEBEATLES-1.COM
次回もコントラクト・プレスをご紹介する予定です^^

今更ですが、
昨年話題になり手に入れたいとずっと思っていたCDがこれ、
JOHN LENNON 「WORKING CLASS HERO」 DEFINITIVE LENNONと副題が付いている。
このCDが、ジョンのベストアルバムの決定版ということだろう。
2005年9月30日発売 東芝EMI/Parlophone TOCP67782-67783
1.jpg
関東地方しかお店がないと思いますが、量販店の山田電気のポイントで購入。

このベスト盤用にあらたに全曲?リマスターされたという事なのですが、
これが冒頭の「STARTING OVER」の鐘の音からして、聴きなれた音と
ぜんぜん違い、ずいぶんと音圧が高く音が太い。
「IMAGINE」などもピアノやジョンのボーカルの音が太くなったため
従来のさらっとした音と印象が違い面白い。

レノンレジェンドが個人的にはいまいち気に入らないので
このCDを購入してよかったと思います。皆さんはいかがでしたか。
これはアナログでもぜひ発売して欲しいタイトルです。

前からほしかったボックスもの、いや正確に言うとハードケースです。
ジョンレノンソロ作のダイジェスト、CD4枚組み。
「LENNON BOX」
Parlophone CDS79 52220 2 西ドイツ盤 1990年発売
1.jpg
有名なエルトン・ジョンと競演したライブ音源など聴き所が多いセットです^^

値段が安くなった国内盤でもよかったのですが、輸入盤を見たことがなかったので
探していたところ久々に発掘しました。

≫続きを読む

このところUK盤が多かったのですが、今日は東芝の赤盤、
ジョージハリスンの1973年のヒットシングル「GIVE ME LOVE」
イントロでジョージのアコスティックギターとスライドギターが印象的で
ジョージの泣き節もたっぷりと堪能できる名曲だ。

1973年発売当時購入したのですがそのときは残念ながら黒盤でした。
1.jpg
今回、33年ぶりに赤盤を購入したのですが..、うへ~、年をとるわけだ。
近日中に、リンゴの「思い出のフォトグラフ」と同時にWebにUPする予定です。

久しぶりにレコードを購入。 しかも赤盤だ。

maindgames7everclean.jpg
これは
1973年10月1日に会社名が東芝音楽工業から東芝EMIに変更後に製造された数少ないタイトル
ですが、赤盤好きのtamachiとしては前から狙っておりました。
ちょっと高かったけど新宿の某店でおめにかかりました。
落ち着いたらホームページの赤盤の続編を作成にかかりますのでしばらくお待ちください^^

日が変わり、
とうとう12月8日になってしまいました。

johnrr_S200.jpg

本国イギリスのBBCではジョンレノンの特集をWebで公開しています。
これはフアンならずとも必見(聴)です!
You must check out BBC's site now at:
http://www.bbc.co.uk/music/lennon/ - Very interesting for you and your friends!

情報提供:Peter Riceさん

今日、11月29日はジョージ・ハリスンが他界してからもう4年目。
時が経つのは早いものです。これは年をとった証拠かもしれません。

今月に入ってからジョージのアルバムを聴く機会が多くなった。
これは【バングラデッシュ・コンサート】のDVDが発売されたことと無縁ではあるまい。

今この記事を書きながら聴いているのは
これです。
george.jpg
UK盤 MFPレーベルの【BEST OF GEORGE HARRISON】
拡大
米国に出張した際、滞在先のナッシュビルで購入しました。

勝手にEMIが選曲してオリジナル盤の発売当時ジョージが怒ったといわれる
安直なベスト盤なのですがEMIのキャリアでの代表曲を聴くには便利なアルバムだ。

僕のジョージの印象は映画 『LET IT BE』のリハーサル・セッションで見られるように
リード・ギタリストという花形のポジションながら、常にジョンとポールの後にまわり
決して主役をとるようなタイプでなかったという感じ。

訃報の話はあいにくジョンのときとは異なり
仕事が忙しかったこともありその時のことはよく覚えていない..

突然ですが、
折をみて、アンオフィシャルなCDなどをここで紹介していこうと思っております..
たいしたものはありませんが、コメントをいただけるとうれしいです。
おれはもっとすごいのを持っているぞ的なものでも結構でございます^^

まずはじめは【バングラデッシュ・コンサート】の
DVDが発売された記念すべき年でもあるし、
ビートルズ解散後のジョージ・ハリソン最初で最後の「来日公演」
を収録した2枚組みCDです。
bootgeorgejapan300.jpg

12月3日の大阪城ホールでの演奏を完全収録?

≫続きを読む

このページの上部へ

サイト内検索

アーカイブ

最近のコメント

全てのコメントを一覧で見る


にほんブログ村

にほんブログ村



Powered by
Movable Type 6.3.2