AUDIO 一覧-1ページ目-Bug's News Beatles Collection

今日は久しぶりにGEバリレラでモノラル盤を聴きたいという方から要望があったので

コレクションから良いものをチョイスして嫁入りのためにシェルに組み上げました。

火曜日には到着してきっとバリレラのサウンドを楽しんでもらえることでしょう。

定番のモノカートリッジ、RPX-050トリプルプレー。およそ60年前のカートリッジです。

IMG_20161018_220018.JPG

シェルは通常はPickeringのものが加工が楽で安価なため手軽ですが、

依頼者からは見栄えと音質を重視したいとな要望があり、今回はオーディオテクニカの

≫続きを読む

ビートルズのオリジナルモノラル盤を聴くのに必須なのはモノラル専用カートリッジ。

最近レコードは収集はご無沙汰でもっぱら1950-60年代の古いGEバリレラモノなどで楽しんでおります。

結構奥が深いカートリッジなのでバリエーション違いもあわせるといろいろあります。
結局、1960年代ごろの原盤を聞くにはバリレラ以外にもステレオ用のSHURE M3DやEmpire880、ADC-1なども必要で
以下のとおり(よく使用するものだけ掲載)

これはお勧めです。そのうちこの手のカートリッジの専門Blogも予定してますので興味がある方はお付き合いください。

今日は新しいカートリッジの話です。紹介するのは例によってチープな一品。
以前にご紹介したGEバリレラはモノラル盤を聴くにはコストパフォーマンスの点で
一押しの逸品だと思いますが、入手や取り付けに工夫が必要な点で、だれでもすぐに、
というわけにはいきません。あとステレオ盤が聴けないのが欠点です。
バリレラのステレオカートリッジも考えたのですがかなり高価・入手困難で挫折(笑い)
今日ご紹介するのはステレオ用でかなりチープな物ですぐに手に入るものです。
Stanton 400.V3
「Stanton 400.V3」新品で2500円程度で手に入ります。交換針は1500円ぐらい。
元々、UKオリジナルステレオ盤では僕の環境は音の不満が多いため
相性がよいものを探していて、これが良さそうなので入手しました。
聴いてみると
まず高出力なので音の押し出しがすごい!
特にミッド、ローレンジが素晴らしくハイ側は15KHz程度なので詰まった感じですが
音が濁ることなく不満はありません。出力と帯域などの特性はGEバリレラとほぼ同じです。
ビートルズのUKオリジナルステレオ盤や国内の古いOdeon赤盤を聴いてみましたが
かなり音が改善されスカスカ音も払拭され不満はなくなりました。
いい音で聴くポイントは4.5gから5.0gの針圧をかける事だけです。
モノラル盤ではGEバリレラほどの冴えた音はでませんが0.7mil針ながら
相性は非常に良く、これは誤算でした。

このカートリッジのオリジンですが有名な米国Pickering社の「Pickering NP/AT」と同じもので、
もともとヘビーデューティー、重針圧、極太カンチレバー、ドンシャリ音のロック向けの製品で、
一応、DJ用途のカートリッジということになっています。
Pickeringはカートリッジの取り扱いを中止したので親会社のStantonが引き継いだということでしょう。
レコード店などの業務用、GEバリレラと同じくジュークボックスのカートリッジとして
一般的に採用されているのでこの辺の事情が古いビートルズのレコードと相性が良い理由と考えています。
GE VR RPX Stanton 400.V3 Ortofon D25M
左からGEバリレラ(モノラル専用)、Stanton 400.V3(ステレオ針0.7mil)、Ortofon D25M(モノラル針1.0mil)
僕の場合、上のカートリッジからどれかひとつ選べということですとこのチープなカートリッジを選択します。
決してハイファイではないのですが機会があれば試してみてください。
あと、もしこのカートリッジをお持ちの方がおりましたらぜひ印象を教えてください^^

今日は気分を変えて1970年代、なつかしいドーナツ盤のシングルをご紹介します。
ただ、この曲を知っている年代層は少なくとも40代でも中盤以降の世代かな。
この曲はまず印象的なリードギターでいきなりストレートに始まり、エイトビートのリズムがすごくパワフル。
中盤のギターワークもすばらしくのりがよく、今、聴いても全く古さを感じない非常にかっこいい曲だと思う。
銀の指輪I
「銀の指環/セプテンバー」 東芝EMI 1974年1月20日発売
チューリップに関しては特にのめりこんで聞き込んだわけではないのですが、
この曲に関しては、発売された当時の僕はまだ中学生でした。、
ちょうどギターを初めたばかりで同級生とバンドを結成したばかりだったと記憶しています。
音楽雑誌(名前は失念)に掲載されたコピー楽譜を元に一生懸命練習した思い出がありますが、
このエイトビートのギターリフの感じは表現できなくて、今でもその当時のくやしかった記憶がよみがえります。(←単にへたなだけです 笑い)
銀の指環I
レーベルはおなじみの東芝EMIのExpressですがカッティングレベルは高く7インチ盤の良さが際立っています。

B面の「セプテンバー」はイントロがビートルズの「GETTING BETTER」?かと思わせる、
楽器のアレンジも凝った情感がこもった曲でA面にしてもよい名曲だと思う。

銀の指環
今回はテクニクスのリニアトラッキングプレーヤーで聴きましたが、これはカッティングマシンのように
アームが平行に移動する方式で小型ながら非常に音は良い。SHUREのテストレコードも軽くパスしました。
ちょうどポータブルCDをLPサイズにした感じのつくりで、フルオートなのでシングルをとっかえひっかえ聴くには便利。

今回はオーストラリアプレスの「PLEASE PLEASE ME」、オリジナルステレオ盤です。
去年、かなり安い値段で手に入れることができました^^

OZ PLEASE PLEASE ME
レコード型番:PCSO-3042
例によってUK型番のプレフィックスに'O'をつけたものになっています。
オーストラリアではイギリスより半年以上遅れた1963年10月1日にリリースされたのですが
この盤もUKのMATRIXと同じでランオフをチェックすると
YEX94-1/YEX-95-1とおなじみの刻印があり9時の方向のマザー番号はどちらも'1'で
3時のスタンパー記号はありません。
OZ PLEASE PLEASE ME
特徴的なのはレーベルデザインで、俗にビッグ・シルバーパーラフォンと呼ばれています。
Ozの初期のステレオプレスはこのレーベルが使用されています。
ちょうどUK GOLDステレオをシルバーにした感じでしょうか^^

「Sgt.PEPPER'S」や「OLDIES」などはあとからY&Bレベールに切り替わっていますが
今のところこのタイトルのステレオでY&Bのものは見たことがありません。
こっちは1960年代末にプレスされたオレンジレーベルですが、175gの重量盤で
手に取るとずっしりとしております。
OZ PLEASE PLEASE ME
この盤もマトはファーストプレスと全く同じ。

レコードスリーブですが

≫続きを読む

お久しぶりです。1年以上のご無沙汰でしたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
僕のほうはブログはさぼっていたのですが相変わらずマイペースで
毎日のようにターンテーブルを回してレコードを聞いております。
しかし、本年9月9日に待望のビートルズのリミックスステレオCDが発売されるんですね。
※訂正:リマスターステレオCDが正しいです。

しかもモノラルミックスもボックスのみで発売されるということで今からがんばって貯金しないと..
このところCDはほとんど聴かないし、新しいmonoカートリッジも購入したので
多いに迷うところがあります。でも結局買うんだろうな(笑)

gelpplayS.jpg

次回は、お勧めのmonoカートリッジをご紹介したいと思います。

週末に部屋を片づけていたら1年以上前から探していた
EPアダプターが出てきました。
これはNAGAOKA製のPUアダプターという商品。
10年以上前、名古屋のパルコの並びにあった「バナナレコード」で購入したものです。
eppfu.jpg
この円筒形の形状が意外と便利で、
数枚ドーナツ盤をこのEPアダプターにセットできるので
何枚かEPを聴きたいときに重宝します。
ドーナツ盤をセットした後はそのまま筒をつかんでスピンドルに通します。
eppuEP-s.jpg 拡大

無理すれば4枚まではOKでしたが、
オーディオ的には音質劣化につながりあまりよろしくないでしょうね(笑)

新しいカートリッジを先日手に入れましたが、例によってチープにまとめました。
1.jpg 拡大

これは1ヶ月ほど前にHOで1050円で手に入れた
オーディオテクニカのMG-10シェル(高級?リードワイヤー付き)と
新宿のヨドバシカメラで展示用の未使用品の1980円で手に入れた
オルトフォンのDJ用カートリッジの「OM PRO-S」

カートリッジは2個買ってしまいました^^ ほとんど衝動買い..

このカートリッジはSHUREのM44Gより音が太くて気に入りました。

同社製のモノラル針の「OMD 25M」と針圧が同じなのでシェル交換時のバランス調整も不要だ。

カートリッジ本体は以前ご紹介した「OMD 25M」と同じに見えます。
はたして、このカートリッジはモノラル針でも使用できるのであろうか..

やっときました。帰宅したら注文していた交換針が到着。
SHUREのV15 TypeIV
1.jpg
装着しているのは針折れしたSHUREの純正品です。

オーディオテクニカのシェルに4N純銀チップ付きの8Nリードワイヤーを組み、
1ヶ月以上も交換針が届くのを首を長くして待っておりました..
この針も入れて総額で9000円に満たなかった。
2.jpg
スイス製の交換針を装着。

到着待ちとなっています、ビートルズのLPを聴くのが楽しみです^^

とりあえず、先日手に入れたミントのUK盤「HELP!」を聴いてみました。
まずは通常はモノラル針専用のDP-6000にシェルを装着。

≫続きを読む

EPアダプターの話題は以前に当Blogで取り上げたのですが->ここ

最近使用し始めたクールなものをご紹介いたしましょう^^
4-400.jpg
拡大

≫続きを読む

このページの上部へ

サイト内検索

アーカイブ

最近のコメント

全てのコメントを一覧で見る


にほんブログ村

にほんブログ村



Powered by
Movable Type 6.3.2