APPLE 一覧-1ページ目-Bug's News Beatles Collection

1968年に発売された「HEY JUDE」に続くアップルレコードの第二弾シングル
「THOSE WERE THE DAYS」 APPLE-2 MARY HOPKIN
僕はメアリーホプキンのLPは持っていないのでほとんど聴いたことがないのですが、
1971年ごろにこのシングルの国内盤がなぜか家にあったため、
この曲だけはよく知っていてよく聴きました。
(たぶん兄が買ったのだと思います)
1-400.jpg
素朴なケルティッシュな大ヒット曲。当時、男の子たちをとりこにしたのであろうか。
手に入れたものはそっけないアップルのブラックシャインスリーブに入っていました。
この盤はレアーな3本スポークのフィリップスプレス。
THE BEATLES-1.COMに大きい画像をUPしました。「WHAT'S NEW」を見てくださいね^^
実はロシア民謡だそうです。THX MASA san

ビートルズファン向けには、
クリスマスアルバムと言えば何といってもこの

「PHIL SPECTOR'S CHIRISTMAS ALBUM」
がお馴染みかもしれない。

型番:APCOR 24 UK EMI/APPLE Records 1972/12/02発売
uk400.jpg

僕もスペクターの"WALL OF SOUND"に魅せられて、毎年クリスマスになると
このアルバムを引っ張り出して聴いています。

実はこのアルバムはオリジナルではないのです。
もともとは1963年にフィル・スペクターのレーベル、"フィレス・レコード"
から発売されたものがオリジナルで、このアップルレコードのLPは
再発盤ということになります。
ukus_400.jpg
↑拡大 右は米国のモノラル盤です。

しかし、これ一枚でスペクターの"音の壁"と
60年代アメリカのクリスマスソングが楽しめるのでスペクターのサウンドが好きな人には
クリスマスアルバムは抜きにしても、お勧めの一枚だと思います。

LPの中身ですが、

≫続きを読む

先日、大量に購入したジャンクなLPから紹介していきたいと思います。
新カテゴリの"Junky Record"を"New One"のサブとして新設しました。

まず1回目は、てらださんからリクエストがございました、

『ロン・アンド・デレク』の【ブラザー】

原題というか英語表記では『LON & DERREK VAN EATON』の【BROTHER】

2人なのに複数形でないぞ(笑)

やはり初めて聴くLPは国内盤のライナーノーツはありがたい^^

EAP-80714 1973年 Apple 東芝音楽工業 \2,000表記
londerrek_S200.jpg londerrekback_S200.jpg
拡大(表) 拡大(裏)

ライトグリーンのアップルレーベルです。
londerrek_lable.jpg

歌詞1 歌詞2

US盤を見つけると、いつも手を出しかけるのですがなぜか購入にいたっていないアルバム。
初めて聴きましたがなんとも奇妙なボーカルと演奏でそれ以上の印象はありません。
まあ、こんなものでしょうか。

次回は何にしようかな..、けっこう悩んだりして^^

このページの上部へ

サイト内検索

アーカイブ

最近のコメント

全てのコメントを一覧で見る


にほんブログ村

にほんブログ村



Powered by
Movable Type 6.3.2