THE BEATLES-1.COM 貴重盤 UK LPを追加

コメント[11]

THE BEATLES-1.COMの「UK PRESSING GUIDE」画像編を更新しました。

今回は貴重盤のページ2に「WITH THE BEATLES」のオリジナルステレオを1枚追加。
ukwtb1.jpg


よろしかったらご覧になってください。下のバナーから入り、「What's New」からどうぞ。
THEBEATLES-1.COM

Track Back

Track Back URL

Comments [11]

No.1

はじめまして!
本編のロゴなしジャケット拝見させていただきました。
拙者もこのロゴなしジャケットの現物を見たことがあります。
ただし確かモノラルだったと思います。その時は、同じくロゴの位置に「mono」という字体の凹凸が確認できましたので、
てっきり「インクが剥げたもの」と思い、棚に返したことをはっきり覚えています。いわゆるミスプリの1種でだったのですね。そんな貴重なものとは全く思っていませんでした。

No.2

shadow_pmcさん、こんばんわ。
初めましてたまちと申します。Webまでご覧いただき
ありがとうございました。
「mono」のジャケットをご覧になったのことですが
shadow_pmcさんの戻したLPは今頃どこぞやに?
ところでshadow_pmcさんのBlogをLINKさせていただきます
がよろしいでしょうか。

No.3

貴ホームページはいつも参考にさせていただきております。
BlogをLINKしていただけるとのこと、ありがとうございます。
まだまだ稚拙なBlogですが、よろしくお願いいたします。今後とも情報交換、よろしく願いいたします。

No.4

shadow_pmcさん、こんにちは。LINK快諾ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。

No.5

たまちさんお久しぶりです。

いまさらながら、コメントします(笑)

私は、WITH THE BEATLES ラージstereo2枚持っていますが、そのうち1枚は、このロゴが活版印刷されているものです。
(残念ながら、インク有です。)
おっしゃるとおり活版印刷のほうがマザーは若いです。

少し前、某○ニ○ンで、このロゴ無しが随分高値で売られていた気がするのですが・・・

僕もこれまでは、インクが消えた物と思っていました。
ホワイトのナンバーにも消えかかっている物がたまにあるので…

これは推論ですが…
おそらくWITH のジャケ製作の初期段階では、ロゴ無しで表印刷→裏はステレオ・モノ別々に印刷した物をあわせる→コーティング→後からロゴのみ活版印刷
てなふうに作られたのでは?
そう考えると、モノのロゴ無しもあってもよい。と考えられませんか?
(でも僕も見たことはありません。)
モノのラージロゴの活版印刷があれば可能性が随分高くなると思いますが…

手持ちの物を少し調べましたがリボルバーのモノ(もちろんスモール)が同じように活版印刷でした。
(マト2/3で2面docter表記)

1点WITH~stereoで長年不思議に思っていることがあるのですが…

たまにスモールstereoでもマネーのJOBETE表記の物を見かけますが…
ミドルステレオでマネーのDOMINION表記やリマークありの物見たことあります?
(あまり売れなかったのでレーベルが余り、無くなった時は、"Gramophone"RIMまで進んでしまったのかな?)

No.6

miyabiさん、こんばんわ!
コメントですがお気軽にどうぞ^^  
>某○ニ○ンで、このロゴ無しが随分高値で売られていた気がするのですが
この"インクなしロゴ”の情報はイギリスの友人からの話なのですが、
”mono”に関してはshadow_pmcさんが手に取ったが棚に戻したそうで(笑い)実在するようです。
たぶん同じものを僕も某○ニ○ンは5年以上前かな?本店で20倍ほどの値段で壁にかかっているのを見てました。
たしか1年以上そのままだった気がします。
このイギリス人の友人が商談でこの店に行きたいというので案内して新宿の店で
チェックしてもらいました。(もうこれはお店はばればれですね..)
>1点WITH~stereoで長年不思議に思っていることがあるのですが… たまにスモールstereoでもマ
>ネーのJOBETE表記の物を見かけますが
これはスウェーデンのショップから購入したものを僕も持っていて
最初はジャケットを差し替えられたと思っていましたが、miyabiさんと同じ理由だと思っています。
というのはこれを購入後に同じものを4回ほど目にしているからです。(これだけでは断定は無理ですが..)
また情報提供よろしくお願いします^^
>→コーティング→後からロゴのみ活版印刷てなふうに作られたのでは?
ロゴの印刷がコーティングの後か前かは 再度”JOBLET Large stereo”インクありとこれを比較しましたが
コーティングは後から処理した可能性が高いです。(インクがP.Pの内部にあるため)

No.7

たまちさん今晩は。

早速の御回答ありがとうございます。
WITHのステレオの、パラフォーンリムは1種類しかないみたいですね。
(引き続き調査します。)

>コーティングは後から処理した可能性が高いです。(インクがP.Pの内部にあるため)

僕もJOBLET Large stereo、活版印刷と通常の物もう一度詳しく比べてみました。

僕のLarge stereo、活版印刷は、状態が悪く(泣)ロゴの部分が、少し破れたり軽く折れがあったりします。
ルーペで拡大すると、その折れの部分インクがはげているのですが…
(もちろんコ-ティングは、剥がれていません。)
ということは、コーティングの上から印刷ということになりませんかね~?

また、折れのないロゴ部分も所々ドット抜けのように白い点が見られます。

土日に時間があればですが・・・
たまちさんの掲示板にロゴ部分の写真を投稿してみますね。
(うまく写るといいのですが。)

No.8

miyabiさん、こんばんわ。わざわざお手をかけ確認ありがとうございました。
>ルーペで拡大すると、その折れの部分インクがはげているのですが…
そうですか!僕ももっと細かく見てみることにします。
画像は撮影が大変でしょうがうまく撮れたらぜひ拝見させてくださいね。

No.9

初めまして。ビートルズのアナログ好きで、楽しく拝見させていただいています。本編のラージタイプの "stereo" が印刷されていない、も拝見いたしました。

私の手持ちのラージタイプ "stereo" の3枚中1枚が印刷されていないタイプです。印刷がすれて消えたものと思っていました。ただ、私の所有しているものは、“O”の文字の右側部分のみ、黒い印刷があります。

"mono“は残念ながら印刷されていないタイプはありませんでしたが、印刷ずれしたものが、表、裏それぞれ1枚ずつありました。

なおスリーブの"stereo" "mono“表記では、HELPで"mono“表記の下に極うっすらと"stereo" のロゴがあるもの、また、"stereo" が白抜きでなく黒文字のもので裏のフリップバック部にGarrod表記のあるもの(スリーブのセカンドプレス的なもの?)がありました。いろいろあって、おもしろいですね。

No.10

先ほど投稿させていただいたものです。誤って匿名での投稿となり、大変申し訳ありません。今後ともよろしくお願いいたします。

No.11

Badge さん、初めまして。管理人のたまちと申します。
拙Blogの訪問ありがとうございました。Badge さんの情報だとやはりフロントの
"stereo"、"mono"の印刷はラミネート処理後にされたものということが良くわかります。
貴重な情報ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。更新は滞っておりますが、前回の記事以降UK盤を買い込んでますので
記事にした際はよろしければまたご覧になってください。

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)




にほんブログ村

にほんブログ村

このページの上部へ

サイト内検索

アーカイブ

最近のコメント

全てのコメントを一覧で見る


にほんブログ村

にほんブログ村



Powered by
Movable Type 6.3.2