2009年9月の記事一覧

いやはや9月9日にリマスターCDが発売されて以来、参加しなかったものの
前夜のお祭り騒ぎも含めて久しぶりに熱くなりました。
みなさんも思い思いに新しいCDを楽しんでいることかと思います。
僕はどうしているかと言うと、発売日は運よく休暇が取れたのですが以降はどうにもならず
仕事も手に付かず会社では悶々として帰宅。帰宅後はずーっと聴いていて
まだ聴き込んだレベルではないのですが、とりあえずモノラル・ステレオ全部聴き終えました。

こんなにCDをまとめて聴いたのは初めてなのでさすがに体力消耗状態です(笑い)
みなさんもあまり無理しないように..、(というのはヤボかもしれない)

ところで大好きなUK盤シングルが今回は発売されていないので
「BEATLES in mono」のCDのシングル含みのタイトルを編集して自分専用の
シングル曲だけのCDを作成しました。
「mono Maters」の2枚が大活躍したのは言うまでもありません。
さすがにシングルと同じくCD1枚に2曲というわけには行かないので前期・後期で2枚に集約。

参考までにCD1枚目の曲目は以下の通りです。

1枚目のCDはリンゴがドラムを叩いている「LOVE ME DO」を最後に追加しています。
これは1曲目に位置したほうがよかったのでちょっと後悔しています。

ちなみにステレオシングルと「mono Masters」から追加したCD2枚目のリストはこんな感じ。

左は個人の趣味でモノラルにこだわったもの。最後の3枚のシングル曲は割愛です。
「mono Masters」の2枚目から「YELLOW SUBMARINE」のA面にあったモノラルや
「ACROSS THE UNIVERS」も追加しています。
右のリストはステレオミック含むオリジナルシングルのみのリスト。

CDからPCのディスクにWAVファイルで取り込みはCDEXというフリーのソフトウェアが便利だ。
※画像を選びますと1000サイズの拡大画像が別窓で開きます。
BEATLES リマスターCD
当たり前ですがCD2枚なので差し替えたり、裏にひっくり返す必要がなく
全曲聴くために、CDの交換を1回すれば良い。
こんなことでよいのかと思い、ちょっとむなしくもありますがとても便利です。

でも、この頻繁にひっくり返すという作業が大好きな人にはお勧めできません(笑い)
旧マスターのシングル曲は音はさっぱりでしたので
今回のリマスターでシングル曲も格段に音が太くなりUK盤7インチの雰囲気はバッチリです。

お昼ごろにEU盤がhmvから届きました^^さっそくご紹介と簡単なインプレ記事をUPしました。
駆け足で記事を書いたので記事の内容はシンプルだよー
BEATLES リマスターCD
輸入盤なのに日本語のステッカーがシュリンクに貼ってある。
BEATLES リマスターCD
※画像を選びますと1200サイズの拡大画像が別窓で開きます。
BEATLES リマスターCD
しかし、モノラルの紙ジャケはよくできています。やはり製造を日本人に任せて正解でした。
BEATLES リマスターCD
裏はこんな感じ。フロント右隅、有名な写真家のクレジットの位置はLPの4thプレスと同じでしたが
BEATLES リマスターCD
CDレーベルは"GOLD PARLOPHONE"でした。ステレオのCDも同じです。これはうれしい。
LPでおなじみの6時の位置に"MADE IN Japan"のプリントが..ある。
たしかに日本で製造されたことがわかりますが、ちょっと違うのではないか(苦笑)
画像はありませんが他は"YELLOW AND BLACK"と"APPLE"レーベルを
しかるべきCDに使用しています。ちなみに
2CDの「MONO MASTERS」1枚目はYELLOWで2枚目はAPPLEです。
BEATLES リマスターCD
続けて「THE BEATLES」(A.K.A. WHITE ALBUM)
BEATLES リマスターCD
ブラックインナーはちょっと色が渋い感じですが、SPINEにはオリジナルどおり、
モノラルとステレオの型番の記載がありました。

こっちは「SGT. PEPPER'S LONELY HERTS CLUB BAND」

≫続きを読む

発売前夜

コメント[2]
  • DIARY

やれやれ今日も一日の仕事が終わり先ほど帰宅しました。
明日はいよいよビートルズのリマスターが発売される日です。

今日は会社が終わりちょうど新宿に用事があったので一つ手前の駅、「新宿三丁目」で下車し
DISK UNION新宿本館の前をわざわざ通ることにしました。
というのも、ちょっと前に9月9日の深夜0時に店頭販売する情報があったためだ。
TOWER RECORDSでも同じ事をするようだが、はたしてUNIONさんの店頭には
予定通り深夜0時からの売り出し告知の張り紙がありました。
これで予定通り発売されることをほぼ確認できたので安心だが自分の分が明日届く保障はありません。
さてどうなるでしょうか。
UNIONさんの入り口には夜の7時半ごろでしたが何人も張り紙を見入って
なにやら考え込んでいるサラリーマン風、また雑談している学生さんやら10人以上
集まっていて何の目的か写メをばちばち撮っている人もいれば、
ぼーっと立っている人など様々。結構、面白かったです。
さて、この新宿本館ですがもう30年以上も通っていて、雑居ビルの外装はお色直しを
しているがビルの横を見ると当時の古いままで、昔新宿三丁目の路地でひっそりと営業していた
高校生の時の古いお店のと建物のイメージがよみがえってきた。
僕が通い始めたのは1974年だからほとんどの店員さんはまだ生まれていなかったかもしれない。
長くお世話になっていることを感謝しつつ、明日の発売を楽しみにしよう。

追記:発送済みになっていました。明日が楽しみだ。
BEATLES in mono リマスター

いよいよ明日は待望の「BEATLES BOX」と「BEATLES in mono」が発売され、
初めて正式にステレオミックスで発売される初期の4タイトルが非常に楽しみです。
さて、今更ではありますが
ビートルズのモノラル盤の発売は「YELLOW SUBMARINE」までで、
今回のリマスターの「BEATLES in mono」には割愛されてしまった。
今回はこの不遇なLPをご紹介します。
これは1年ほど前にあまりに安いので国立のUNIONで衝動買いした再発mono。
1800円。やはりこれ人気がないんだな~
保存盤は先日実家の倉庫に行ってしまいました。
※画像を選びますと1500サイズの拡大画像が別窓で開きます。
UK盤 YELLOW SUBMARINE
B面にはビートルズの楽曲が入っていないし、とりあえずサントラ盤を仕上げました的な構成で
ビートルファンには最も人気がないLPかもしれない。
レーベルは81年ごろのライトアップル。この再発monoには"MONO"の印刷があります。
A面はオリジナルプレスと同じMATRIXを流用していてB面は-2でなぜかリカッティング。
Oz盤ですがオリジナルはこちらです→Oz盤 「YELLOW SUBMARINE」 monoとUK

UK盤 YELLOW SUBMARINE
UKのステレオ盤は初期プレスのMATRIX-1が3よりカッティングレベルが高く感じ
素晴らしい音がするのだがモノラル盤はステレオミックスをトラックダウンしただけなので
ミックス違いといわれるものはなくマニアには評判が悪い。
ところが、

≫続きを読む

こんばんわです。このところ忙しくて終電帰りのtamachiです。眠いです...
さて、9月9日のビートルズリマスター発売日まで5日となりました。
EMI/Appleから発売の告知があった4月以降、計画的に貯えをして
発売日を待っている方も多いことでしょう。
僕の場合は不覚にもリマスター発売を知ったのはゴールデンウィーク以降でした。
あと、ちょうどモノラルカートリッジをそろえた直後だったので資金が欠乏していて
5万円もの大金をどうしようかと頭を抱えてしまいました。
ありがちな、不要なLPやCDを手放そうとも考えましたが、
ちょうど実家への引越し荷物整理をを機に、自転車を手放すことにしました。
30年近く前の独身時代に購入したロードレーサーなのですが、
※画像を選びますと1000サイズの拡大画像が別窓で開きます。
DEROSA
これはイタリアの某有名メーカー製作でコンポーネント、パーツ類は
カンパニョーロの旧スーパーレコードで組んだお気に入りのもの。
やっと購入価格の半分ほどの20万円以上で引きとっていただける方を見つけ
20年以上無稼動状態だったこの自転車を活用していただくことになりました。
この自転車は、もう二度と手に入れられないので残念でしたが、
もう乗る予定もないし活用されるのでこれで良かったと思います。
さてこの予算20うん万円は実家の屋根裏部屋増築費の一部と
リマスターCD、「BEATLES BOX」と「BEATLES In mono」に化けました。

ここだけの話、奥さんには十分の一の値段で売れたとしかいっておりませんぬ。
絶対に内緒です、これは。

今日は久々にバグレコードをご紹介します。 UK盤シングルの「I WANT TO HOLD YOUR HAND」
このシングルは日本ではデビューシングルでもあり国内盤を昔から聴いていたファンには
「抱きしめたい」のタイトルの方が親しみやすく、僕も後追いですが中学生のときに
アップルの東芝音楽工業のシングルを購入して今でも大事にしている。
B面の「THIS BOY」はコーラスパートが非常に美しく、ジョンのソロボーカルが
バックハーモニーが印象に残る名曲だ。
ここまではよいのだが、このUK盤のレコードはちょっと...
レーベルの印刷が変でB面が本来は「THIS BOY」のはずが
A面の「I WANT TO HOLD YOUR HAND」になっている(笑)
両面とも同じレーベルはバグレコードの典型的なものだが、
UK I WANT TO HOLD YOUR HAND error label
レーベルの曲名、原盤番号、マトリックス刻印の違いにご注目ください。
バグであることのチェック方法はランオフのマトリックスの刻印とレーベルで判別できます。
「THIS BOY」の原盤番号は写真の通り7XCE-17560が正しいのです。
こんなレコードができた原因としては、
レコードプレス時にはレーベルも圧着されるのですがその際の掛け違えか
レコード製造ラインのB面レーベルストッカーにA面が混ざっていてそのままプレスされたという事でしょう。
これと同じものは何枚ぐらいプレスされたのだろうか(笑い)

このページの上部へ

サイト内検索

アーカイブ

最近のコメント

全てのコメントを一覧で見る


にほんブログ村

にほんブログ村



Powered by
Movable Type 6.3.2