PARLOPHONE 「GOLD LABEL」(6)

コメント[2]

今日はGOLD LABEL第6弾。
ピンクパンサーのクルーゾー警部で有名なイギリスのコメディアン・俳優の
ピーターセラーズ3作目のアルバムです。50年近く前のレコードになります。
ukgoldpmc1111label.jpg画像の拡大

UK Parlophone PMC-1111 「Songs For Swingin' Sellers」 1959年発売
ビートルズデビュー前のParlophoneはEMIのレーベルの中でも、
このようなコメディアンやジャズっぽいものが多く非常にマイナーな存在だったそうだ。
プロデュースはもちろんこのレーベルの責任者であるジョージ・マーティンです。
ところで、このアルバムは首をくくった、一瞬どきっとするようなものがゆえ、
ukgoldsleeveRecordpmc1111-450label.jpg
いまだったら絶対にこんなもの発売できないんだろうなと思います。画像の拡大

ピーターセラーズの太い声とおふざけ満載の楽しいレコードでした。
(英語のため詳細は不明ですが雰囲気は十分に感じ取れます 笑)
レコードの仕様はコーティングのGARRADのレコードスリーブ、クリアーポリのImportantインナー
Parlophone Gold。タックスコードはレーベルセンターに"WT"が刻印されていました。
拡大画像でご覧になりますと雰囲気がわかりますのでぜひご覧になってください^^

Track Back

Track Back URL

Comments [2]

No.1

tamachiさん、ご無沙汰してました。

パーロフォンのゴールドラベルはほれぼれしますね。

私も以前、ピーターセラーズとソフィアローレンのゴールドを買いました。ゴールドパーロフォンのコメディ関係は意外と安く売ってますね(英国のネットショップですが)

ゴールドパーロフォンというだけで、許せてしまう不思議なレーベルですね。

No.2

pink iskandさん、こんばんわ。コメントありがとうございます。
>私も以前、ピーターセラーズとソフィアローレンのゴールドを買いました。ゴールドパーロフォンのコメディ関係は意外と安く売ってますね(英国のネットショップですが)
そうでしたか!僕はシングルは持っているのですが
LPは今度狙ってみますね。
しかし、
美しいGOLDレーベルしかも安いし程度がいいものが多い
これは許すしかありませんね(笑)
僕も半年ほど前ですがこのLPはいつものUKのお店から購入しました。

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)




にほんブログ村

にほんブログ村

このページの上部へ

サイト内検索

アーカイブ

最近のコメント

全てのコメントを一覧で見る


にほんブログ村

にほんブログ村



Powered by
Movable Type 6.3.2