2007年1月の記事一覧

今日は、大好きなビートルズのホワイトアルバムをご紹介します。
これはフランス盤でおそらく1969年あたりから1970年代初頭にプレスされたもの。
FRANCE EMI 1C192 05 173774
frwhite350.jpg
スリーブはなぜかドイツ製でサイドオープンタイプ。プレスはフランスです。

※追記:画像では判別できませんが
シリアルNO入りで60万台とかなり番号が進んでおります。

frwhitegatehold400.jpg
フルーコーティングですが内側に折り返しがない標準LPサイズ。

この盤のマトリックですが、所有している
1973年ごろの英国向け輸出仕様の同タイトル(いわゆるフレンチプレス)のUKマトと異なり
YEX709,710,711,712のあとの枝番は"-21"。また
各面にはフランス固有のM6 262620~M6 262622の刻印もあります。
ただしこの連番はC面、D面、A面、B面の順番になっています。

レーベルは有名な「Made in France」表記の"Pathe Marconi"
これはフランスEMIのスタジオの所在地で初期のヒットシングル「Can't Buy Me Love」や
ドイツ語歌詞2曲はこのスタジオで録音されました。
frwhitelabel_A350.jpg拡大
レーベルにはSMO2051の番号も確認できます。
なんだかよくわからなくなってきました。
インサートですが、

≫続きを読む

今日、帰宅したらamazonから「THE RUTLES」の紙ジャケが届いておりました^^
予約から発売までずいぶんと待たされましたがMSIさんから無事発売されたようです。
型番:MSIG0342(WGCP-592)
jpcdrutlesall350.jpg拡大
音源の提供元であるワーナー・パイオニアの型番もサブで印刷されていました。
3360円もするので購入を見送ろうかと思いましたが、写真のように
非常に充実したつくりでインサート(16Pカラーブックレット、インナー、解説書)
も国内盤LPと同じものが再現されています。(細かいところは未チェックです)
ジャケットも厚手の紙で非常に頑丈にできていてLPの質感そっくりです。
レーベルはUK盤に準拠でしょうか?
国内盤LPと並べてみました。

≫続きを読む

今日はDE盤 「MAGICAL MYSTERY TOUR」 Original Pressing
SHZE-327 EMI GERMANY 1971年9月発売
demmtSleeveRecord300.jpg拡大

このアルバムは元々、米国キャピトルが独自に編集したもので
英国ではEPで発売され、1976年までLPフォーマットで発売されなかったものですが
ドイツでは1971年に発売されました。UK盤EP詳細はこちらです。
僕が手に入れたものは両面ともマトリックスが"-1"の初期プレス。
ドイツ盤収録曲は全てリアルステレオといわれているのに反して
米国盤と同様にB面のラスト3曲は擬似ステレオです。
demmtlabel_A300.jpg拡大
レーベルはHor ZuのAppleレーベル
この後、以下のような年代/型番で再発売されたようだ。
1976年 Odeon 1C 062-04 449
1977年 Apple 1C 072-04 449
1981年 Odeon 1C 072-04 449
インナースリーブは

≫続きを読む

今年初めてのUP。大変遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
本年もマイペースでUPしていきますので「THEBEATLES-1.COM」
ともどもよろしくお願いします^^ 昨年はちょっと買い込みすぎました(汗)

さて、最初の記事は「RAY CHARLES」ビクターの古い国内盤のEP
ビクターレコード SJET-212(擬似ステレオ)
1.jpg
収録曲は
A面
1.WHAT'D I SAY
2.SWANEE RIVER ROCK
B面
1.MY BONNIE
2.HOT ROD
"WHAT'D I SAY"や"MY BONNIE"やビートルズがハンブルグ時代にトニーシェリダンと
競演したり自演した曲として有名だ。
擬似ステレオなのが残念ですが、レイの魅力を楽しめる1枚でした。

■レイ・チャールズについて簡単にご紹介すると
1930年アメリカ、ジョージアに生まれ7歳で全盲になるものの
10歳には既にステージデビューをしていたそうです。その後
1950年代はゴスペル風味を加えたブルージーなR&Bが中心で
エルビス・プレスリーも影響をうけたそうだ。
ray.jpg
1960年代以降はジャズ・ポピュラーなどのスタンダードや
カントリー&ウェスタンも取り上げるようになり全てレイ流に消化してしまうところがすごい。
彼がカバーした曲で日本でなんと言っても有名なのはサザン・オールスターズの
「いとしのエリー」でしょうね。これは1986年に発表されました。
2004年6月10日、73歳でなくなるまで晩年は映画に出演したりエリック・クラプトンと競演したり
精力的に活動。
なんかすごい人ですね^^

レコードですが、

≫続きを読む

このページの上部へ

サイト内検索

アーカイブ

最近のコメント

全てのコメントを一覧で見る


にほんブログ村

にほんブログ村



Powered by
Movable Type 6.3.2