2006年9月の記事一覧

Oz盤、AU、オーストラリアプレスの「SGT.PEPPER'S LONELY HERTS CLUB BAND」
PCSO-7027
ausgtorange-1.jpg 拡大

オレンジレーベルを初めて手に入れました。このタイプのレーベルは
オリジナル盤の「ビックシルバー」や「イエロー・ブラック」レーベルの次に使用されたもので、
1969年の後半あたりから。
UK盤ですとちょうど「1EMI」レーベルに切り替わった時期と同じです。
スリーブに「ステレオ」シールがあったのでこのレーベルの初期プレスだと思いましたが、
これが大当たりでした!

ジャケットの隅に少々ダメージがある程度で盤はミント状態、AU盤ではこの時期に
多く見られる175グラムの重量盤で「ビッグシルバー」のオリジナル盤より重い。
これも、

≫続きを読む

最近、といってもどうも6月ぐらいから、さらに言うとMovableType3.3jaに変更したあたりから
トラックバックが受信しにくくなり、9月11日のMASAさんからのTB以降受信できなくなってしまった。

6月28日に3.2jaから3.3jaにアップグレードしたのですが、このあたりから
トラックバックの受信が怪しくなったようだ。
もしかして、
6月28日以降にTBしてくれたかたで僕のBlogで受信できなかったケースもあるかもしれません..
この場をかりてお詫びいたします。

さて、
自分自身でTBしても失敗するのでこれはMovableTypeに問題ありと考え
ネットで調べたところ、3.1あたりからSPAM対策でフィルターなどのチェックが厳しくなり
TBを受け付ける許容値に達してしまったことが原因。
先ほどこのあたりに影響する設定を変更して自分にTBして成功したのでもうOKになりました。

参考までに、

≫続きを読む

今回は、先日購入した発売40周年記念限定アナログと
ついでにDCC、EMI100のアナログ盤を聴きました。全てモノラルミックスのものです。
このアルバムは皆さんもそうでしょうけど、何枚買わされることやら!
ボックスのこのアルバムのセッションを記録した「PET SOUNDS SESSION」も再発売されたようだし
「PET SOUNDS」ものの特集本もD.U>さんの店頭に並んでおりました。
petsound3lp-1.jpg拡大
petvinyl-S.jpg拡大

限定版のモノラルはイエロー・ビニール。ステレオはグリーン・ビニール
player.jpg
盤は通常の重量でランオフには「MASTERED BY CAPTOL」の刻印付。
まあ、こんなものでしょう^^

≫続きを読む

今日もまた、
1961年にビートルズがトニー・シェリダンのバックバンドとしてドイツで録音したレコード。
「SKINNY MINNY」がA面でトニー・シェリダンとザ・ビートブラザーズをフィーチャーした
タイトル曲ですがB面はビートルズがバックについた「SWEET GEORGIA BROWN」
gr7swwtgorgiasleeveRecord400.jpg
これはレコード型番はNH 52324 1964年4月発売のドイツオリジナル盤です。
ところで、
元々「MY BONNIE」ではドイツ固有の諸事情でクレジットが
「ビートルズ」ではなく「ビート・ブラザーズ」と記載されていて、
以降、トニー・シェリダンのバックバンドはこの名称で統一したためビート・ブラザーズは
ビートルズの演奏という誤った解釈がされ混乱した時期があった。
僕も昔はそう思っていました(笑)
gr7swwtgorgiasleeveRecord_B400.jpg
1964年には「ザ・ビートルズ」も有名になったためきちんととクレジットされるようになったようですが
B面扱いの「SWEET GEORGIA BROWN」はビートルズの演奏でないものがあるらしく
こちらにはバックコーラスが入っていないそうだ。

今日は国内盤のビートルズとトニー・シェリダンの「MY BONNIE」
最近、このあたりのレコードを収集しているのでレコード棚から引っ張り出してみました。
12インチシングルでピクチャーディスクの3000枚の限定版ですが、
たしか1986年3月に発売されレコード型番はSFPS-86301
(記憶が定かでないのでレコード型番から推測 笑い ←いい加減な部分ご容赦を)

jp12mybonnie.jpg
発売は西武デパート系列の「WAVE」の独自の企画のようだ。
そういえば、この店ではホワイトカラービニールの10インチ「クリスマス・アルバム」
なんかも発売していたっけ。

このレコードのすごいところは、うたい文句の「今、蘇る幻のオリジナル」
そのままのドイツ原盤の1961年10月発売のファーストや
国内盤では「マイボニー・ツイスト」という邦題の激レアー盤に収録された
ドイツ語イントロのバージョンがA面に収録されていることだ。
西村幸雄さんの丁寧なライナーにもそのいきさつが記述してあります。
(国内盤発売が1963年とご表記がありますが..)
さらに

≫続きを読む

今日、会社の帰りに淵野辺のD.U.に寄り道して購入したのが
「PET SOOUNDS」 40th Annivesarl、限定アナログ盤とCD+DVDのUS盤
アルバム発売40周年を記念して発売されたものでステッカーに記してある、
「20世紀における重要なアルバムのひとつ」というくだりがすごく誇らしげです。
1.jpg 拡大
アナログは2枚組みのためにスリーブはゲートフォールド仕様。
LP2枚組みですと重くてたまりません
色つきレコードはモノラル(イエロー)、ステレオ(グリーン)となっていて、限定盤らしいつくりですね^^
(まだ開封していないため未確認)

CDはモノとステレオを1CDに収録。
3.jpg

DVDですが、

≫続きを読む

先日HOに立ち寄ったら、なつかしい「スリー・ドッグ・ナイト」のLPを見つけました。
僕はこのバンドのLPを持っていなかったので購入しました。
1.jpg
「スリー・ドッグ・ナイト」とはカウボーイが野宿するときに暖を取るために
犬を抱いて寝ることからとられたそうだ。
もし猫だったら「スリー・キャット・ナイト」になったのでは、
などとどうでもいいことも考えてみたくなります。

僕はこのグループはヒット曲の「オールド・ファッションド・ラブ・ソング」しかしらないので
ニルソンのカバー曲「ワン」なども収録されていてびっくりしました。
ところで

≫続きを読む

性懲りもなく、UK盤のシングルをまた入手しました。
今回は「HEY JUDE」のオリジナル盤ですが製造が間に合わなくなったため
ライバルのDECCAに製造を委託した、いわゆるコントラクトプレスです。
アップルレーベルのDECCAプレスもまた美しいですね。
ところでレーベルにはJohnのサイン入りですが、これは明らかにFAKE(笑)
いや、日本で言うと鈴木さんとか田中さん、佐藤さんと同様の扱い(失礼!)なので
元の所有者の可能性もあります..(単にこの姓の人が多いと思うので)

uk7heyjudelabel_A_400.jpg 拡大


レコードは約10グラムほど重い60グラムの重量盤でしたが
EMIプレスと音の比較をした上でWebのUK盤シングルのコナーでご紹介する予定です^^

今日はドイツ原盤のビートルズの「MY BONNIE」
gr7mybonnie400.jpg

このレコードはビートルズがEMIから「LOVE ME DO」でデビューする以前に発売されたものですが、
ドイツでの発売はファーストプレスが1961年10月発売のPolydor NH24673で、

≫続きを読む

このページの上部へ

サイト内検索

アーカイブ

最近のコメント

全てのコメントを一覧で見る


にほんブログ村

にほんブログ村



Powered by
Movable Type 6.3.2