2006年4月の記事一覧

ゴールデンウイークを利用して、レコードを整理しているのですが
久しぶりにブートレッグLPが出てきました。
有名な「LET IT BE」の原型である「GET BACK」
1-400.jpg

ゲットバックセッションの音源を、
1969年と1970年にグリン・ジョーンズが曲目を変更して2回ミックスした
ことは有名な話ですがこのLPは1969年のミックスです。
これを聴くと正規盤のLP、「LET IT BE NAKED」が別の意味でFAKEであることがわかります。
なんたってこのNAKEDはリミックス、音の差し替えのオンパレード、
この「GET BACK」の方がNAKEDというにふさわしいでしょう。

≫続きを読む

先日届いたオリジナルモノラル盤に続いて昨日、到着したのが
EP 「MAGICAL MYSTERY TOUR」 stereo
1967年に発売されたUKオリジナルステレオ盤です。
UK PARLOPHONE SMMT-1
ukmmt1967st-400.jpg
安かったので程度は普通でジャケットにスレがありますが盤質はよいです。

≫続きを読む

昨晩、自宅に無線LANの環境を構築しました。

すでに高性能なブロードバンドルーターを使用しているため
基地局はAPモード(ブリッジ接続モード)に設定してルーターの空ポートに接続。
1.jpg 拡大

中央が無線LANの基地局です。

≫続きを読む

今日、郵便局の再配達で夜の9時ごろに届いたのがこれです。

2.jpg

レコードはミントコンディション、

≫続きを読む

無線LAN

コメント[0]

今日は部屋の掃除後、
子供と地元の大型電気店に行き無線LAN一式を購入。
現在は、裸で2階の別室と1階にケーブルを引き回しているのですが、
かつてハムスターに噛み切られたり
よじれて断線したりトラブルが多く、嫌気がさしていました。
これでやっと
ルーターが設置してある2階から1階に引き回している
LANケーブルとおさらばです^^

会社のノートブックPCを家に持ち帰るため、前から欲しかったのですが
手ごろな価格で買えるようになったこともあり、購入を決意。
1-400.jpg 拡大
追加のUSBタイプの無線LANカードを1個追加してしめて19000円なり。
これは2階別室の子供用PCと1階のPC用に使用する予定で、
Webサーバーと自分のPCは信頼性と性能を重視して有線のままで運用します。

うまくつながるといいのですがちょっと心配です。

久しぶりにNTTのフレッツ・スクエアで回線の速度測定をしてみたら
最高速度を更新したのでびっくりしてしまった。

8719.jpg 本日のAM6:00頃
※この測定は一時点のものであり常にこの速度が継続しているとは限りません。

NTTのBFLETSのニューファミリーは100Mの帯域を
20世帯程度で帯域をシェアーする方式なので
利用者が増えるとすぐにこの辺に影響が出て速度低下を引き起こす。
3年前より確実に利用者が増えているはずなのに、
どうやら光回線開通当時の速度は維持したままのようだ。

というのは、

≫続きを読む

帰宅途中の新宿東口の某UNIONで"SK1"のステッカーが付いた米国盤の
「THE BEATLES CAPITOL ALBUMS VOL.2」のロングボックスとレギュラーを発見!
下の写真はEU盤のステッカーですが、米国盤は
白い矢印の場所に"SK1"とプリントされていました。

これは、「BEATLES IV」と「RUBBER SOUL」のモノラルが
キャピトルのミスで偽モノ(ステレオミックスをモノラル化)で出回ったのだが、
最近修正されたらしく、オリジナルモノマスターに差し替えられ、
その製品には"SK1"がプリントされているらしい。

1Fの店頭にEU盤と並んでおりましたがEUには"SK1"の印刷が見当たらなかった(笑)
sk1.jpg

買おうかなと思い手にとって裏の価格シールをみたら各々、9590円/9580円

ちょっと高いのでとりやめました。

値がこなれたら購入しようと思います..

仕事も一段落したので今日は休暇でごろ寝していましたらUK盤が届きました。
EP 「MAGICAL MYSTERY TOUR」 MMT-1 運がよくそこそこ美品でした。
このEPのオリジナルモノラルはファンの間でも人気が高いタイトルですが、
モノラルミックスだけフランジングがすごく効いている
「YOUR MOTHER SHOULD KNOW」が好きです。
1-400.jpg
このオリジナルモノラルはすでに2セット所有しているのですが、
スレがない背表紙のものが欲しかったので..
う~、最近ちょっと買いすぎなのでMMTを1枚手放しました。

あとで、WebサイトのUK MMTのページにこのEPの画像を追加する予定。
Webの更新はお手数ですがトップページの「What's New」をチェックしてくださいね^^

さて次回もUK盤かな。

pink islandさんのBlogで英国盤や米国盤の聴く比べを見たら
僕も無性にこのアルバムを聴きたくなってしまい今日聴いてみた。
MFSLのCDや1994年発売の紙ジャケ初版など..
他にFOEVER YOUNGシリーズのCDプラケや
VITCTORさんのリマスターもあるのですが割愛しました。
Emerson,Lake & Palmer(ELP) 「TARKUS」 1971年発売
2-400.jpg 拡大

でも僕はレコードに関しては国内盤とドイツプレス盤とシールドのMFSLしかないので
今日は久しぶりにCDでした(笑)
娘が2歳ぐらいの頃、ジャケットを見て「ほね、ほね」とよく言っており、
たまに一緒に聴いた思い出のアルバムです。

こっちはMFSL盤で裏ジャケに限定番号が入っている200グラムの重量盤だ。
1-400.jpg 拡大

彼の「悪魔のささやき」によるシールド破りに屈せず開封しませんでした。
レコードは聴くためにあるのに、これでは意味がなかった。

しかしいつ聴いてもいいアルバムです。
サウンド的にはMFSLが一番落ち着いた音で良いと思います。
ビクターさんのK2は音が落ち着かない感じでした。

今日到着したのはUK盤の「REVOLVER」、ステレオのPCS-7009
1-400.jpg 拡大
新品で購入したかと思うほどの極上品でした。
スリーブが真っ白で裏面の黒い部分も印刷したばかりのような感じがします。
(写真では白い部分が変色していますが、実物は真っ白です)
2-450.jpg 拡大
レコードも軽いスリキズ程度でレーベルの黄色い文字も華やかだ。

≫続きを読む

このページの上部へ

サイト内検索

アーカイブ

最近のコメント

全てのコメントを一覧で見る


にほんブログ村

にほんブログ村



Powered by
Movable Type 6.3.2