PLEASE PLEASE MEのステレオ CD

コメント[3]

このカテゴリーはオフィシャルでないものを取り上げるために設けました。
ようはブートレッグ専用です(笑)

これからもどうしょうもないものを取り上げる予定でおります。

他のタイトルも折を見てご紹介する予定ですが、
今回はよく見かける「PLEASE PLEASE ME」のステレオミックスのCD。
ppmstereoall400.jpg
↑拡大

僕が購入したのは1994年頃で、
このCDも含めて正規盤ではモノラルしか発売されていない
「WITH THE BEATLES」、「A HARD DAY'S NIGHT」、「BEATLES FOR SALE」
も同時に店頭に並んでおりました。

どこかって? 西新宿にきまっております(笑)

このCDの売りは
UKオリジナルLPからマスタリングしたステレオミックスと美しいレーベルだ。
ppmstereoafrontbac400k.jpg
↑拡大

あと一応、紙ジャケでコーティング処理済でインナーも再現。
ppmstereocdinner400.jpg
↑拡大

マスタリングに関してはマユツバだが、一応UKオリジナル盤と音を比較すると
それらしいUK盤らしい音になっており悪くはなかったです。
あと、同時期、あるいはその後に発売されたプラケースで国内LPのアートワークのものは
音は非常にクリアーで別マスタリングのようですが
正規で発売されたCDかと思うほど良い音がします。

でもUK盤の雰囲気を味わうならばご紹介したこのCDがお勧めかもしれません。

Track Back

Track Back URL

Comments [3]

No.1

私はどうも正規音源のコピーには全然触手が動かないのですが、
1回だけ買うべきか止めるべきか真剣に悩んだ(?)CDがあります。

ちょっと話題がズレちゃってすいませんが、それは次のようなものです。

90年~95年頃だったかと思うのですが初期4枚のステレオ音源を
収録したCDでドイツのファン・クラブが製作したものらしいのですが
値段も1枚が4500円くらいしていて4枚揃えると・・・

でも、この値段でも買ってみようかと真剣に悩ませた理由のひとつが
その音源にドイツ版ミックスとでもいうのか独自の音源を使っていたらしいのです。

初期のドイツ盤の正規盤LPではPPMのアップル盤だけ持っているのですが
この音がアンプのラウドネス・スイッチを入れたかのようなものすごい
ディスコ調の音で、実はほかの初期タイトルもこのようなミックス音源で
収録されているのか非常に気になっていることもあって聴いてみたかったのです。

しかもブートではなくてファン・クラブが作った(らしい)というところが
大いに魅力的だったのですが、詳しい情報がぜんぜん無かったので
高い出費をして普通のステレオ音源だったらちょっとな~っと思い悩んで
結局買わなかったのですが、さてどんな物だったのでしょうね。

たぶん日本にはごく少数しか入荷していないと思います。

No.2

tamachiさん、こんばんは~

しかし、よくできた紙ジャケCDですね。
ジャケ、レーベル、インナーまですごい!
音もよいみたいだし、UK盤の雰囲気味わえそうですね。

No.3

てらださん、Reikoさん、こんにちわ。

てらださん、
>私はどうも正規音源のコピーには全然触手が動かないのですが、
そうですよね(笑)なので、
そういうかたが多いと思いまして、
今回はどうしょうもないCDという表現にしましたー

>ディスコ調の音で、実はほかの初期タイトルもこのようなミックス音源
ドイツ盤というのはけっこう、ミックス違いがあったりするのですが、こんな音のLPまであるのですか。
聴いてみたい気がします^^

Reikoさん、
どうもです。
>ジャケ、レーベル、インナーまですごい!
細かいことを言うと、折り返しがなかったり
しますが、それでも「THE BEATLES Capitol BOX VOL1.」
よりは、よくできています^^

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)




にほんブログ村

にほんブログ村

このページの上部へ

サイト内検索

アーカイブ

最近のコメント

全てのコメントを一覧で見る


にほんブログ村

にほんブログ村



Powered by
Movable Type 6.3.2