Free 「Fire and Water」

コメント[6]

JUNKなLPからもう一枚
Freeの最高傑作とも言われている彼らの3枚目のアルバム
「Fire and Water」のUK盤。これも105円でした。

UK Island Records ILPS-9120 1970年
free3rd400.jpg
↑拡大です
これも昨年9月に大量購入したLPなのですが、
スリーブの右上にヨレがある以外はきわめて良品でした。

全英NO1に輝いた最大のヒット曲「ALL RIGHT NOW」やタイトル曲の「FIRE AND WATER」、
「MR.BIG」など聴き応えたっぷりでした。
ポール・コゾフのギターとポール・ロジャースの力量あふれるボーカルが
独特の渋さをかもしだしていて、何度聴いてもいいアルバムですな~

さてこのレコードですが、

≫続きを読む

Track Back

Track Back URL

Comments [6]

No.1

tamachiさん、こんばんは。

Free、CREAMも105円でゲットされたんですね、いいな~
あまり聴いたことはないのですが、
ぜひこれから聴いてみたかったので参考になります。

>ポール・コゾフのギターとポール・ロジャースの力量あふれるボーカル

ポール・コゾフのギターは、すばらしみたいですね。

>あと2枚ほどFreeのアルバムはご紹介する予定です。

楽しみにしてます。(^^

No.2

あのアメリカ大好きな所ジョージさんが意外にも
「Freeはいい!音がスカスカなのがいい!これはワタシの原点!」
とラジオで絶賛していたのを思い出しました。
その時にかかってたのが"All Right Now"でした。
確かに"All Right Now"はスカスカ(失礼!)ですがあの音の隙間が良いですよね。

No.3

tamachiさんもだんだんFREEの魅力に取り込まれているみたいで、とてもうれしいです^^

ちょっと自慢っぽくなってしまって恐縮なんですが、ぼくのブログの8月22日のところで、オリジナル・ファースト・プレスを取り上げています。

よかったらご覧ください。

http://blog.so-net.ne.jp/parlophone/2005-08-22

No.4

Reikoさん、タコ星人さん、遼さん、
こんばんわ。コメントTHXでした。

Reikoさん、
聴き始めたばかりなので、まだよくわかっていませんが、独特な渋みといいますか、浮遊感がたまりません。
演奏もかっこいいですしね^^

タコ星人さん、
「All Right Now」はもっとも浮遊感があって面白いです^^

遼さん、
自慢なんてとんでもない、持ってるものは
惜しみなく披露しましょう(笑)
おかげでやっとこのアルバムも聴くことができまして
せっかくですのでTBさせていただきました。
⇒と思ったらso-netがメンテ中で失敗しました~

昨年、遼さんのBlogで拝見していたのをすっかり忘れておりました。
ファーストプレスも面白そうなので、機会があれば聞いてみたいところです(ほしいほしい病が感染!)

No.5

tamachiさん、こんばんは~。
この超名作が105円とは素晴らしい発掘ですね!
FREE~BAD COMPANYから現在に至るまでPAUL RODGERS好きのワタシとしては、是非FREEのライヴ盤も聴いて頂きたいです。
ライヴではもっとスカスカ感が楽しめますよ(笑)。

No.6

lonehawkさん、こんばんわ。
コメントTHXです。

>是非FREEのライヴ盤も聴いて頂きたいです。
了解です。
週末に古いコロンビア盤でも聴いてみます。
しかしこのグループの発売元は時代で変わっていて
よくわかりません(笑)

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)




にほんブログ村

にほんブログ村

このページの上部へ

サイト内検索

アーカイブ

最近のコメント

全てのコメントを一覧で見る


にほんブログ村

にほんブログ村



Powered by
Movable Type 6.3.2