UK 7インチシングルUP!

コメント[6]

先ほど、UK盤の「PAPERBACK WRITER」をWebにUPいたしました。
今回はUK盤以外のものも一部ご紹介しています。

このタイトルは非常に音がよいので
特にUK盤で聴きたいレコードのひとつかな、と思っています。
uk7paperbackwriter_shape_300.jpg

下のバナーからWebに飛んでトップメニューあるいは
BEATLES-1の画像をクリックして"UK盤のSingleメニュー"からも入れます。
THE BEATLES MINE HOME

よろしかったらお時間があるときにでもご覧ください。

Track Back

Track Back URL

Comments [6]

No.1

こんばんは~。
Paperback WriterのUKオリジ'7いいですよね~。
初めて聴いた時は「おぉ!!こりゃぁすげぇ~」って感じでした。
これはぜ~ったい良い状態の物で聴かねばと思い結局4枚も買い直しました。
オリジ'7はどれも迫力満点ですがその中でも特にお薦めの1枚だと思います。
できればモノラル・カートリッジで聴いて欲しいですよね。

No.2

タコ星人さん、どうもです!コメントTHXでした。

やはりビートルズのUK盤を堪能するなら
この盤というのは多くの方が感じ、
認めるところだと思っていますが、
音に関しては他のものと次元が違うのでびっくりします。
>結局4枚も買い直しました。
おお!そうですか、僕も先週もう一枚他のUKシングルと一緒に追加購入し4枚目に突入だー(笑)
現状で十分なのですが、安かったのでつい..
悪い癖ですね~、例によってイギリスからの購入です。
僕の環境では
モノカートリッジで聴くとびびりなくしっかり
音が出てきますね。


PS
どうもうちのサーバーは書き込み性能がよろしくなく
みなさんにご迷惑をおかけしております..
書き込みボタンを押したら辛抱強く(笑)終わるまで
待ってくださいね^^

No.3

たまちさん、こんにちは。
Paperback Writerの7インチ、私も持ってます!ただ、まだモノラル針で聴いたことがありません・・・。ステレオ針では何回か聴きました。
無事に^^ダストカバーの上も整理できたので、これからはシングル盤もモノ針で聴きたいと思います。
ただ、私の持っているものがオリジナルなのか再発なのかはいまいち分かりません^^7インチってどれがオリジナルかって分かりづらいんですよね。見分け方、伝授願います^^

あ、ここでお知らせして申し訳ないのですが、「Reiko's Analog Life」ブログのタイトルが変わりました。「Record life philosophy」です。ここのリンクの変更をお願いします。

No.4

レイコさん、こんばんわ。
了解です。ブログのタイトルを変更しますね。

>これからはシングル盤もモノ針で聴きたいと思います。
また新たなアナログの楽しみができましたね^^

>7インチってどれがオリジナルかって分かりづらいんですよね。見分け方、伝授願います^^

正直なところこの盤の場合わからないので
僕の考えは下記を見てくださいね..
http://www.thebeatles-1.com/pressing/UKpressingappendix.html
今回の7インチはマザー番号が1/1でスタンパーも22番/2番と若いので
発売前の予約注文数を考えると十分最初の製造ロットかな..という判断です。
(これもあてにできませんが)

明確でなく申し訳ないです~
初期プレスあるいは初期製造スタンパー(なんだそれは 笑)という表現が適切かもしれません。

No.5

こんばんは。

昔ラジオで土屋昌巳だったかな?
この曲はCDではなく、UKのシングル盤で聴いて欲しいからと
家からレコードを持って来てかけていた事がありましたよ。

ラジオで聴いても「あ~違う」と思ったのを覚えてます。

No.6

buddyberryさん、こんばんわ。

>この曲はCDではなく、UKのシングル盤で聴いて欲しいからと
あ~、そうでしたか。そんな事があったのですか^^どの国の盤やCDでもそれなりに
よい音できけるのですが、
やはりUK盤7インチの音は別物ですね!
でも今時、アナログのシングルなど普通は聴かないのでしょうが..、これはちょっと残念ですね。

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)




にほんブログ村

にほんブログ村

このページの上部へ

サイト内検索

アーカイブ

最近のコメント

全てのコメントを一覧で見る


にほんブログ村

にほんブログ村



Powered by
Movable Type 6.3.2