PAPERBACK WRITERの国内リリース

コメント[0]
  • BEATLES

現在、WebにUPするため、
UK盤の「PAPERBACK WRITER」の記事を作成中ですが
そちらはレコードの紹介が中心ですのでここでは
リリース時期に関してちょっとだけ書きます。

みなさんもよくご存知と思いますが、
この曲は1966年6月末のビートルズの来日にあわせて
イギリスに準じた形で日本でもシングルで発売されました。

"画像は武道館で同曲を演奏中のビートルズ"
budoukanpaperback1.jpg
budoukanpaperback2.jpg

ちなみに国内での発売日をみると、なんと6月15日!
これはイギリス発売から5日後に発売されたということになり、
現在の発売状況と同じぐらいでこれはおどろきだ。

僕はこの時期は小学校の低学年だったのでまったく覚えておりませんが
新作のシングルはイギリスより1ヶ月ぐらい後に発売されていたようなので
当時としては大事件だったのかもしれません。

どう考えてもビートルズが来日する直前になにがなんでも発売したいと考えた
東芝の意思を感じるし、実のところ日本公演が実現したのはビートルズ側の
強い要望だったという話もあるので、ビートルズ側のアジア、極東地区の販売戦略上
このような洋楽としては異例の早さで国内でも発売されたのであろう。

ちなみにアメリカでは5月30日に発売されイギリスより10日以上も早い!
これは例によってキャピトル・レコードの強い意思があったに違いない。

Track Back [1]

Track Back URL

あえてビートルズで(笑)

ビートルズのだけど結構カッコいいんじゃない おっビートルズやんってちょっと目立つかもよ(笑) JUNK FOOD ジャンクフードTHE BEATL... 続きを読む

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)




にほんブログ村

にほんブログ村

このページの上部へ

サイト内検索

アーカイブ

最近のコメント

全てのコメントを一覧で見る


にほんブログ村

にほんブログ村



Powered by
Movable Type 6.3.2