AP8443 Revolver更新です.. 1LP追加

コメント[6]

先日、
一枚追加購入いたしましたのでWebの記事を更新しました。
追加したのはOdeonレーベルの"OP-8443"のリボルバーです。
このレコードは発売期間が短かったためあまり見かけないようです^^
例によって105円ものです~(ちょっとコンディションはぼろいですが)
ビートルズの赤盤をJUNKで購入したのはおそらく15年ぶりです..

op8443400.jpg

"AP8443 Revolver"というお題目でUPしている記事で
1ページと2ページ目を更新しました。(画像とMATRIX一覧に追加)

下のバナーからWebに飛んで左側メニューの"AP8443 Revolver"から入れます。
THE BEATLES MINE HOME
たいした内容ではありませんが、
よろしかったらお時間があるときにでもご覧ください^^

Track Back

Track Back URL

Comments [6]

No.1

たまちさん
こんばんは~

拝見しました。
先日、実家から、「フーエバー帯AP8443 Revolver」を持ってきました。
で、早速、見てみました。
YEX-605 2S 26 JIS
YEX-606 72 JIS
残念ながら、普通の盤のようです。
ジャケがアップルマークになっていました。
ペラで折り返しありました。
まだ、もってきて聴いていなくて。
しばらく、聴く時間もなさそうなんです。

何故か、解説、見開きになっていますが、
2、3ページ目が、印刷ミスで、抜けていました。
そういえば、そんな記憶があります。
まあいいかになっていました。

No.2

Reikoさん、こんばんわ!ご報告ありがとうございます^^
Reikoさんがお持ちのペラジャケ、折り返しありの
Appleレーベルは僕が知っている限り3タイプあり
?@東芝音楽工業ジャケで2000円表記+FOREVER帯で2000円
?A東芝音楽工業ジャケ2200円シール+FOREVER帯で2200円シール
?B東芝EMIジャケ2200円+FOREVER帯で2200円

?@と?Aは東芝音楽工業の盤らしくやや重めのレコードですが?Bはぺらぺらのレコードです。
僕は?A(帯はないですが)を持っています。
でもこのペラジャケ、折り返しありは
もっとバリエーションがある可能性もあります..
Reikoさんのものはどのタイプでしょうか?

No.3

たまちさん
こんばんはです。

持っている盤は、3番の
東芝EMIジャケ2200円+FOEVER帯で2200円
でした。

国内盤のFOEVER帯でもいろいろあるの知りませんでした。
たぶん74年ごろ購入しました。

いろいろ、知ることができて、うれしいです。

No.4

Reikoさん、どうもです。

>東芝EMIジャケ2200円+FOEVER帯で2200円
でした。
>たぶん74年ごろ購入しました。
知ってのとおり、東芝音楽工業は
1973年10月1日から東芝EMIに社名変更され、同時に値上げをしたようです..
こんどレコードが値上げになるという話しが中学校で
話題になりました。200円の値上げは中学生にとって
この当時は大問題でしたからね(笑)

それ以降?の製造分は価格訂正シールで過渡期をすごし
順次、東芝EMIクレジット+2200円表記
になったことが裏づけられるお話です^^
実際に当時購入された方のお話は貴重です。
僕の場合、国内盤の基本は音工黒盤、2000円シリーズ?ですが、1973年冬辺りに、購入しなおしたアルバムは過渡期の盤が多いです。
ありがとうございました。

No.5

またまた出たっ~105円!!

う~ん、私もそんなお店に巡り会いたいな~。
お店で実際に見つけたらバーゲン・セールのおばちゃん状態で
とりあえず手に持てるだけのレコードを抱えて、
それからじっくり1枚づつ吟味するでしょうね。

私が行っている中古盤店でもアナログ盤の平均価格はかなり下がっていて
先日、メリー・ホプキン「私を哀しみと呼んで」日本盤の美品を525円で
見つけて速攻で買ってきました。

10年前だったら、とてもこんな値段では買えなかったですね。
今までに買い集めた中古盤の値段を思い出すとバカらしくなってしまいます。

ところで以前からよく分からなかったことがあるのですが
ペラ・ジャケのペラって、どうしてこう呼ぶようになったのでしょか?

紙がペラペラだからペラと呼ぶのかな~とは思っているのですが・・・

中古で入手した「リボルバー」音工AP2000円盤のジャケットですが、
ぶ厚いジャケットでコーティングされていたので珍しいと思って買ったのですが、
オデオン盤の頃はぶ厚いジャケットが普通だったのかなあ。

中学生の時に「リボルバー」を買ってきて、家に帰ってからそのジャケットを
じっくり眺めていた時のことは今でもよく覚えているのですが、ジョージの
こちらを見つめる目には、ゾクゾクっとするような恐ろしさみたいなものを
感じて今でもこのジャケットを見るたびに、この時のことを思い出しますが
CD世代のファンがCDサイズでしか、このジャケットを見ていないとすると
私が受けたような衝撃を受けるファンは少ないのだろうなあ、と残念な思いです。

No.6

てらださん、こんんばんわ。

>メリー・ホプキン「私を哀しみと呼んで」日本盤の美品を525円で
いいな、これは格安だー
本当に最近は安くなってきたので、昔、購入したぼろいUK盤をみるとくやしくなります(笑)

>中学生の時に「リボルバー」を買ってきて、家に帰ってからそのジャケットを
じっくり眺めていた時のことは今でもよく覚えているのですが
私が受けたような衝撃を受けるファンは少ないのだろうなあ、と残念な思いです。

てらださんも、ジャケをじっくり眺めたということで
LP時代はおそらくみんなそうだったのですね^^
非常に不思議なデザインですからね(笑)

1972年頃(すくなくとも5月頃)までのジャケットは厚手のコーティングで、なぜかReikoさんと話題になったこの1973年あたりの時期だけ薄手のホワイトボード+折り返しなんですよね..

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)




にほんブログ村

にほんブログ村

このページの上部へ

サイト内検索

アーカイブ

最近のコメント

全てのコメントを一覧で見る


にほんブログ村

にほんブログ村



Powered by
Movable Type 6.3.2