ザ・ズートルビー

コメント[2]

昨日、ご紹介した『ザ・フォーク・クルセイダース』のデビューアルバム【紀元貮阡年】

これからシングルカットされた変名バンド『ザ・ズートルビー』の【水虫の唄】です。
1968年7月1日に発売されたようです。

作詞作曲は"山田進一"こと加藤和彦、補作詞(なんだこれは)は"足柄金太"こと北山修
のゴールデンコンビによるもので、
補作曲は"河田藤作"こと、またもや加藤和彦だそうだ。
mizumushi_400.jpg
当時はデビューシングル【帰って来たヨッパライ】の影響もあってか"アングラ"という評価が
定着していたようですが、1960年代末当時に誰もやらなかったことを先取りしただけなのに
今となっては時代を感じさせます。

レコードは大好きな赤盤です^^ 変名バンドなので"Express"レーベル?
あるいは"Capitol"から切り替わったのかはよくわかりません..
mizumushiRecord_400.jpg

曲名で引いてしまいそうになりますが、スローバラードの美しいメロディラインと
イントロのハープシコードとコンプレッサーが効いたドラムスがすごく印象的な曲です。

"水虫"を遠く離れた"恋人"に見立てて"夏になると想いだす"
という歌詞もすごすぎます。

Track Back

Track Back URL

Comments [2]

No.1

ええな、これ。ほしいっす。地元からジャンクで出てこないかな?レアだからキビしいっすかね?(笑)。

No.2

夜明けのティーンエイジャーさん、こんばんわです。

>ええな、これ。ほしいっす
曲もいいのですがジャケ写真がなんとも笑わせます。

やはりこれってレアーですかね!
たしかに、これを買ったときに以外は売られているにはみたことないな..

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)




にほんブログ村

にほんブログ村

このページの上部へ

サイト内検索

アーカイブ

最近のコメント

全てのコメントを一覧で見る


にほんブログ村

にほんブログ村



Powered by
Movable Type 6.3.2