BLACK SHIP その2 UK盤

コメント[8]

さてさて、
前回の【黒船】の国内盤LPと紙ジャケに続いて、
今回はUK盤です。何年か前に中古で購入しました。
国内盤アナログと比較してみたいと思います。
ブログでこんなに長くて画像が多くていいのか、と思いますが..

イギリスでの発売は4ヵ月程国内盤より遅れ、1975年3月に発売されました。
僕は持っていませんが、"ST"型番の米国Capitol盤もあるようです。

【BLACK SHIP】 UK EMI/HARVEST SHSP-4043『SADISTIC MIKA BAND』 1975/03発売
uklpjplpsleeve500.jpg
拡大

所有しているものはスリーブのラミネートコーティングがないのですが、
製造クレジットとしてビートルズと同じ"Garood & Lofthouse,Ltd"のプリントがありました。

やっぱり間違いなくUK盤だ~

でも、
背表紙とスリーブ上部側面には日本語でアルバムのタイトルが英語と併記されていて
アルバムの内容と同じく和洋折衷状態になっております..

こちらは国内盤のスリーブですが帯で隠れていてわかりません(ちょっと手抜き 笑)
UK盤と異なりタイトルやバンドのクレジット、ソングクレジットはプリントされていません。 拡大

jplpjplpsleeve500.jpg
国内盤は帯が付くのを見越してデザインされたからだと思いますが、
イギリスでは帯が付かないのでやむなくタイトルやソングクレジットなどをプリントしたか(笑)
やはりオリジナルデザインは国内盤だと思います。

UK盤には"墨絵の国"のライナーと凝ったデザインのインナースリーブがありません。
かわりに1975年頃から使われているおなじみのEMI共通の"Important Notice"
アルバムコンセプトを無視した無粋なつくりになっております。
ukinner1975.jpg

こちらは国内盤のインナースリーブですがコンセプトを良くあらわしています。
jpinnersleeve400.jpg

ライナーには"墨絵の国"と周辺事情の解説、メンバー紹介が記載されています。
jpinner400.jpg
拡大

≫続きを読む

Track Backs [2]

Track Back URL

SADISTIC MIKA BAND:BLACK SHIP (黒船) U.K.

(写真をクリックすると、拡大写真をご覧いただけます。) ★SADIST... 続きを読む

サディスティック・ミカ・バンド "黒船" CD - SADISTIC MIKA BAND "BLACK SHIP" CD

黒船サディスティック・ミカ・バンド 東芝EMI 2003-06-27売り上げランキング : 16,261Amazonで詳しく見る by G-Tools ... 続きを読む

Comments [8]

No.1

こんばんは~

UK盤の紹介楽しみにしてました。
音質って、かわるものなんですね。

結構、ヤフオクをチェックしているのですが、
先日、黒船のUK盤を出品している、レコ屋さんがあって、
え、黒船、めずらしい、あまりしらないのですが、聞いてみたいと思い、入札しようか、迷っていて、結局、終了してしまいました。

そう、音質ですが、ブラジル盤の「BEATLES/OS REIS DO IE, IE, IE!」今まで、きいたことのないような感じの音質でした。いいとも、悪いともいえないです。このみもあるし。変わった感じでおもしろいです。今、紹介してます。

No.2

Reikoさん、こんんばんわ。

コメントありがとうございます。
>音質って、かわるものなんですね
あくまで僕の主観で恐縮ですが
1970年代中頃のビートルズのUK盤も東芝EMIと
比較して音の違いに同じ傾向があるようです。
この時代のUK盤は高音がしゃりしゃり
鳴っております(笑)

>黒船、めずらしい、あまりしらないのですが、聞いてみたいと思い
お勧めなのでぜひ聴いて見て下さい。
アナログもよいですが、今でしたら紙ジャケも
お勧めです。通常のプラケースのCDは紹介しませんでしたが、お勧めしません。
僕のは1500円のQ盤シリーズなので最新のCDはわからないのですが..

>ブラジル盤の「BEATLES/OS REIS DO IE, IE, IE!」今まで、きいたことのないような
そうでしたか。あとで訪問しますね。

No.3

おー、いいっすねえ。GRAMOPHONEリムになってるってことはやはり初期プレスですね。音質もよさそうで聴いてみたいです。
しかし、日本盤がオリジナルなのにUK盤の方が音質がいいというのは情けない話ですねー(笑)。
当時の日本のカッティング技術はやはり海外より劣っていたんですね。
マスター・テープはどうなっているんでしょうね。
日本にあるもののコピーを使ったんではそんなに音質がいいわけないし、そうだとしてもイコライジングしているんでしょうか?
いずれにしてもやはりカッティングそのものの問題ですかね?

No.4

MASAさん、コメントありがとうございます。

>GRAMOPHONEリムになってるってことはやはり初期プレスですね
おっと、残念ながら"EMIリム"です。
でもこのアルバムはあちらでほとんど売れていない
ということを聞いた事があります。
でも一番最初のスタンパーって..驚きでした。
>日本盤がオリジナルなのにUK盤の方が音質がいいというのは情けない話ですねー(笑)。
まったくです(爆)

>いずれにしてもやはりカッティングそのものの問題ですかね?
うーむ、いろいろな要因があるとは思うのですが
適当に考えると、
カッティング時のイコライジングと素材も含めた製造方法の違いUK EMIと東芝EMIで歴史が違うので
技術やポリシーが異なるのでしょうか..
UK盤はサーフェースノイズがやや目立ちますが
メタルマザーのバフ仕上げをしているといわれる
国内盤との差異もあったり、プレス機でおしてる時間もちがったり、いやはや何だかわかりません~(笑)
適当ですいませぬ..

No.5

たまちさん、こんばんは。

私は学生時代に、このアルバムを先輩の家で聞かせてもらって
気に入ったので自分でもたまちさんのと同じ再発盤を買ってきて
愛聴していました。

特にB面の1曲目と2曲目の流れが好きで、この2曲だけはよく聴きました。
もちろんトータルでもなかなかいいアルバムだと思います。

でも「よろしくどうぞ」なんかは今の20才前後の人が聴いて
ちんどん屋っていうのがピンと来るのでしょうか。

UK盤のレコードは初めて拝見しましたが、こんな感じだったんですね。
内袋とかも再現されているのかと思っていましたが、再現されていたとしても
イギリスの人が見てもよく分からないかもしれませんよね。

「黒船」以外では「ライヴ・イン・ロンドン」の中古CDを安く見つけたので
買ってはみたもののカセットに録音したものを擬似ステレオで収録していて、
ひと昔前の海賊盤のレコードを聴いているみたいな感じだったので
数回聴いただけでCDラックの中で冬眠されています。
(いま、改めて聴けば違う印象になるかもしれませんが)

最後にビートルズ・ネタになってすみません(知っている方も多いと思います)が、
バッドフィンガーの「ノウ・ワン・ノウズ」で「誰も知らない・・・」と
日本語のセリフを言っているのはミカさんです。

No.6

てらださん、コメントありがとうございます。
てらださんも聴いておられたとはうれしいです。

>ちんどん屋っていうのがピンと来るのでしょうか。
そうですねー、わからないでしょうね^^

>「ライヴ・イン・ロンドン」の中古CDを
予定外のリリースだったそうですよね。MASAさんが言っていた【ROXY MUSIC】の
オープニングアクトで出演したものですね..

>バッドフィンガーの「ノウ・ワン・ノウズ」で「誰>も知らない・・・」と
>日本語のセリフを言っているのはミカさんです。
そうでしたか!さすがてらださん、詳しい!
クリス・トーマスつながりですか(笑)

No.7

tamachiさん、こんばんは。

黒船UK盤、アップしたので、TBさせてもらいました。

お仕事、落ち着いたら、
よろしかったら、覗いてみてくださいね。

No.8

TBありがとうございました。
僕も早速TBさせていただきました。

あとファーストアルバムも欲しいですね^^

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)




にほんブログ村

にほんブログ村

このページの上部へ

サイト内検索

アーカイブ

最近のコメント

全てのコメントを一覧で見る


にほんブログ村

にほんブログ村



Powered by
Movable Type 6.3.2