パッチギ!

コメント[6]

今日、ロードショー公開で見損なっていました【パッチギ!】を観ました。
この映画は井筒和幸監督のいわゆる青春ものなのだが
今年の春先に映画館で上映されていた。のんきにかまえていたら
あっという間に上映が終了してしまい、はやく見たいものだと思っていました。
最近レンタルビデオ店に置かれるようになりさっそく借りてきたわけです..

レビューはおこがましいので、映画の感想をちょっと書きます。

パッチギ.jpg

僕の認識ではこの映画のキーワードは戦争と平和、1968年の京都、イムジン河ということでしょう。

かのザ・フォーク・クルセダーズのヒット曲【帰ってきたヨッパライ】の作詞者の松山猛の
自伝的小説【少年Mのイムジン河】のモチーフが脚本となっていたり、音楽は
【イムジン河】のザ・フォーク・クルセダーズのメンバーだった加藤和彦が担当している。

このため当時の時代背景とこのへんの音楽を知らない人はちょっと退屈かもしれない..
早めに上映が終了してしまった理由はこの辺りにあるのではと思った。

ちなみに奥さんと見たのですが、この時代を知らない彼女はつまらなかったらしく
途中で眠り込んでしまいました(笑)

さてストーリーはともかく、内容的には
当時の風俗や流行がすべてではないがうまく描写されていて面白かった。

しょっぱなから【オックス】と社会問題にもなった【失神】シーンの描写や
映画【女体の神秘】の主人公の鑑賞シーンなどが笑えた。
1968年当時、僕は小学生だったのだが、中学生になってこの映画を観たので、
その雰囲気がとてもでていて興味深かった。

ハイライトは主人公の松山少年がKBCのスタジオで東芝が発売中止にした
【イムジン河】を演奏するシーンかな。

この時代に青春を送った人も、そうでない人?もとりあえず観てみてはどうだろうか。

映画公式サイトはこちら

☆サントラも発売されています。
「パッチギ! オリジナル・サウンドトラック」
■2,940円
■2005年1月19日発売
■ソニー・ミュージック ダイレクト
67年の解散コンサートからの同曲の未発表音源もあるようなので入手しようと思います。

続いて手持ちの関連レコードをご紹介します。

≫続きを読む

Track Backs [2]

Track Back URL

パッチギ!

映画の日だったので、井筒和幸監督の『パッチギ!』を鑑賞。 井筒作品を観るのは、『ガキ帝国』、『岸和田少年愚連隊』に続いて3本目。 どちらもヤンキー高校生... 続きを読む

『パッチギ』プレミアム・エディション

しばらく前に掲示板でも話題になった『パッチギ』のDVDをやっと入手した。 (一昨日CDだけで5万という話をしたのに、もうそれ以外のDVDを買ってる…汗) じつ... 続きを読む

Comments [6]

No.1

こんばんは。
「パッチギ」しりませんでた。
みてみたくなりました!!
「イムジン河」もしりませんでした。
ぜひ、聞いてみたくなりました!!

わたしも、1968年は、小学生です。
「悲しくやりきれない」「あの素晴らしい愛をもう一度」
なつかしいですね。

PS
おそくなってすみません。
Web公開されて、1年だったんですね。
プレーヤー、ゲット
おめでとうございます。\(^o^)/

No.2

Reikoさん、こんにちわ。
モバイルでアクセスしたらさっそく書き込みが
ありびっくりです。感想ありがとうございました。
プレーヤーも非常に調子がよくて満足です!
Reikoさんとは同世代のようですね!
この映画
ちょっと暴力シーンもありますが、
当時の時代背景をかなりよく再現しているので
気に入ることうけあいです。
【イムジン河】はフォークル作品の例にもれず
美しい曲なので気に入るとおもいますよ!

No.3

たまちさん、こんばんは。
ぼくもやっと『パッチギ!』見たので、トラバさせていただきました。
映画を見る前はなるべく白紙に近い状態にしたいので、たまちさんのこの記事も読みたいのをがまんしてたんです。
レアなEP盤まで紹介されていて、さすがですね!

No.4

遼さん、こんばんわ。TBありがとうございました!
記事を拝見しましたが、さすがで非常に良いもので
楽しめました^^
>たまちさんのこの記事も読みたいのをがまんしてたんです。
そうでしたか!実は、遼さんの論評を期待して
ストーリーはあまり触れないようにしました。

>レアなEP盤まで紹介されていて、さすがですね!
いえいえ、安いものばかりですよ~
フォークル関連のレコードはここに紹介してないもの
も含めて代表的なものはほとんど揃ってしまった(汗)
実は映画で坂崎 兄役の方が持っていたLP【ハレンチ】
を今回、紹介するのを忘れてしまった。
(さすがに僕のは復刻のデカジャケCDですが..)

No.5

おお、『ハレンチ』出てきましたね~。
あのオダギリジョー、ほんとにギターうまそうでしたね!
坂崎幸之助の実家の酒屋の再現らしいですよ。
あの役も坂崎のお兄さんのイメージらしいです^^

No.6

どうもです。
>『ハレンチ』出てきましたね~。
そうそう、シングル【帰ってきたヨッパライ】でも
使われたアートワーク。
>坂崎幸之助の実家の酒屋の再現らしいですよ。
そうでしたか^^
たしか再結成、フォークルに参加しておりますね。
自主制作盤の【ハレンチ】を坂崎さんも当時聴いていたのでしょうか..
このシーンは 
昔の酒屋さんの即席のいっぱい飲み屋もよく描写されていて面白かったです。

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)




にほんブログ村

にほんブログ村

このページの上部へ

サイト内検索

アーカイブ

最近のコメント

全てのコメントを一覧で見る


にほんブログ村

にほんブログ村



Powered by
Movable Type 6.3.2