赤盤 青盤 BOX

コメント[13]
  • BEATLES

1973年に発売されたビートルズのベスト集の定番の通称 "赤盤" "青盤"。

box2.jpg

最近ボックスセットをアップしていないので
次回は安直にもこのボックスを取り上げようと思います。
これはすごいボックスです、いや、単にLPを入れるだけのカートンです(笑)

でも青春時代の思い出がつまっています。

≫続きを読む

Track Back [1]

Track Back URL

赤盤・青盤

オイラ、ビートルズは兄貴の青盤と数枚のシングルで聴いて育って その後、自分の小遣いで2番目に買ったLPが赤盤で小5ですた。 ちなみに最初に買ったのは「ビートルズ... 続きを読む

Comments [13]

No.1

たまちさん、どうもです。
このボックスというのはUK、US、JPN全部出たのでしょうか?
それともたとえばUSだけ?
何も知らない遼でした(笑)。

No.2

parlophone(遼)さん、こんばんわ!
いやー、当時、各国でボックスが出たかは
僕もわからないのですよー
いずれにせよ、予約の特典だったので
この辺は、30年以上前と現在も変わりませんね..

UK、USのボックスは見たことがないので日本独自だと
思いますが、どうですかね~

No.3

こんばんは~
たまちさんのボックスは初めて見ました。
僕も赤青のボックスを持ってましてブログに載せてトラックバックさせていただきました。
>愛着はあまりわきませんな(笑)
「1」はPPMが入っていないのでなんかしっくりこないです。

No.4

こんばんわ
僕も、バックしました~

>たまちさんのボックスは初めて見ました
僕も中古で売られているのを見たことが
ありません..これは不思議だ(笑)

No.5

タマチさん タコ星人さん parlophone師匠こんばんは!

タマチさんのお持ちのBOXは実物は見たことは無いですが、リストとかでは見た事があるような記憶があるのですが・・・でも状態も良さそうでいいですね!

タコ星人さんの赤盤・青盤の数・・・
凄いですね!ビックリしましたよ!う~ん
あの写真を見ちゃうとMST!は まだまだヒョッ子コレクターだと自覚してしまいます(笑)

No.6

MST!さん、こんにちは。今日は暑いですな~
>リストとかでは見た事があるような記憶があるのですが・
ということは、出回っているということですね。

感想ありがとうございました!

No.7

タマチさん parlophone師匠 こんにちは!
本当に今日も暑いですね・・・

>いやー、当時、各国でボックスが出たかは
僕もわからないのですよー

いろんなリストを ひっぱり出して探しては見たのですが、UK・US盤のBOXは見つかりませんでしたが・・・

フランスの方では1981年にレコード・クラブ仕様で
Apple 2C162-05307~05310という番号でアナログ盤BOXが出ていたようです・・・

No.8

たまちさん、こんばんは。

遅ればせながら本日(6日)になって初めてこちらのページを
拝見しましたので書き込みさせていただきました。

このボックスは「ミュージック・ライフ」73年6月号の「赤盤、青盤」広告に
次のように告知されています。

2セットを一括購入の方、先着20,000名様に店頭で、
特製2セット入りカートン・ボックスをプレゼントします。
<ただし、数に限りがありますのでお早めに>

この広告を見た私は「いいなあー、欲しいなあー」とは思いつつも
当時中学生だった私には、とても2枚同時に買えるような小遣いが
用意できる訳がありません。

しかも「赤盤」はすでに持っていた「オールディーズ」とほとんど
ダブってしまうし・・・。

でも、こういった販促用の特典は実際には販売数の多い大型店には
用意されていても、私の住むような地方のお店には用意されていなくて
お店の人に頼んで特典を取り寄せてもらうというような事が今でもあります。

75年にも東芝のロック・アルバム2枚を購入するとビートルズのボックス
(タコ星人さんのブログで紹介されているもの)が特典としてもらえることが
あったのですが、この時はお店の人に頼んで取り寄せてもらいました。

最近の特典としてはここ数年、ビートルズのステッカー(アップルのイラスト)
を年末に配布していますが、これもタワー等の大型店のみですから
地方在住者は辛いです。

年1、2回は特典が目的で片道2時間をかけて遠方のお店にでかけていましたが
今では近くにタワーができてバン万歳です。

たった1枚の宣伝チラシや特典を入手目当てに走り回った時間やガソリン代を\n考えるとけっこう高いものについているハズです。
まあ、それも楽しみのひとつですけどね。

No.9

てらださん、こんばんわ!
先ほどは動作不具合の
ご指摘ありがとうございました。

このBOXに関して詳細な情報ありがとうございます。
いつもてらださんの、コレクションと知識には
頭がさがります~

僕はちょうどてらださんの体験と逆の状況
だったかもしれません..
今後、このBOXの記事をUPする時にそのへん書かせて
いただきますね。
あと、いただいた情報を一部活用させていただきます
がOKでしょうか?

No.10

たまちさん、おはようございます。

>あと、いただいた情報を一部活用させていただきます
>がOKでしょうか?

些細な情報かとおもいますが、どうぞお使いください。

このボックスはたしか2種類あったような気がしますがどうでしょうか?
ひとつはフタというかボックスの上下が分離しているタイプ。
もうひとつは背中の部分がつながっているタイプ。

ちょっと不正確な情報ですが・・・

販促用の特典って70年代は大きなポスターや小冊子、手提げ袋とか
毎年のようにいっぱい、もらえたけど今は小さなポスターやステッカーで寂しいですね。

ああっ、タイムマシンがあれば私の青春時代である70年代の
良き時代のレコード店に立ち寄ってみたいなあ(笑)。

No.11

てらださん、どうもで、THXです。

>もうひとつは背中の部分がつながっているタイプ。
僕のはこっちですね、分離タイプは知らなかった。

>良き時代のレコード店に立ち寄ってみたいなあ(笑)。
そうですね。昔は特典が今と違ってよかったからなー
せいぜい、販売店独自の紙ジャケ収納BOXがHITしているぐらいかもしれない。
どうせなら1962年秋のイギリスもいいかもね(笑)

No.12

赤青ボックス拝見しました。

当時は私も欲しかったのですが中学生に7000円は
お正月のお年玉でもなければ、とても無理ですよね。

ところで特典の情報ばかりでスミマセンが初CD化の際の
特典のブックレットは販売店の仕入れ2枚に対して1冊が
配布されました。


赤10枚の仕入れ(赤ブックレット5冊)
青20枚の仕入れ(青ブックレット10冊)
という具合です。

本来は国内盤の特典なのに大型店では
なかなか配布しきれなかったのか途中から
輸入盤購入者にまで特典として付けていました。
(おいおいっ、田舎に住んでいる私は苦労して入手しているのに
一体、どうなってんだー・・・怒)

初CD化の際に私の密かな楽しみとしてUSロング・ボックスが
大型店のディスプレイでズラリと並んでいる光景を楽しみにしていました。
また宣伝ポスターもレコード店に貼ってあったにもかかわらず
最初のCD化は発売中止となってしまいました。

本当に発売の直前になって中止されたような記憶があるので
たぶんテスト・プレスくらいされていたのかなあと思います。

実は訳あってCDのテスト盤や不良品を廃棄処分する町工場に
お邪魔したのですが、ちょうどこのCDが発売中止になった頃
だったので、倉庫一杯のCDの山の中に埋もれていたのでは
ないかと思うと本当に残念な事をしました。
(ちなみに海賊盤も混じっていました。やはり日本製だったのですね)

その後、正式に初CD化されたものの、その時にはすでにアメリカでは
ロング・ボックスは廃止となっていました。

私の小さな楽しみは、みごとに消えてしまいました(寂・・・)。

No.13

てらださん、こんばんわ!
情報は記事に書かせていただきました。
ありがとうございました。

>特典のブックレットは販売店の仕入れ2枚に対して
>1冊が配布されました。
そうだったのですか、僕は新宿の某DUで購入しましたが
その時はまだ間に合わなかったのか?
渡すのを忘れたのか、その後、店に行くと
張り紙で購入した人に渡すとはってありました。
でも、本当に買ったのかチェックできないので
でまかせで、もらった人もいるようです。
おっと、僕ではありません(笑)

>初CD化の際に私の密かな楽しみとしてUSロング・>ボックスが
この時は僕も覚えてますが、本当にがっかりしましたね。
ロングボックスとは懐かしいですね!
初期の物はタイトルによってはEMI SWEDINやGERMANプレスだったり、思わぬCDが入ってました。
残念ですが販売店のえさ箱の撤去により
廃止されたんでしょうね..
あとどう考えてもコストアップの要因になりますね(笑)

面白い話をありがとうございました。

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)




にほんブログ村

にほんブログ村

このページの上部へ

サイト内検索

アーカイブ

最近のコメント

全てのコメントを一覧で見る


にほんブログ村

にほんブログ村



Powered by
Movable Type 6.3.2